Home

1.5人 台湾体当たり生活記

HK出張1 – 移動

さかのぼって一昨日だが、HK出張初日である。
今回は朝移動、8:15発のフライトなので4:00起きで準備開始。
4:30に出発のつもりだったが結局5:30にようやく出発。空港到着は7:00。

桃園第一はまだ工事が続いているのだな。いろいろ狭かったり仮構造だったりする。

とりあえずチェックインカウンタはできたようだ。こんな具合。

まー人数がすごい。団体客が多くてなかなかの混雑だ。星期五だからかのぅ。しかし人数についてはHK到着後のほうがビビらされるのだけども。

続きを見る

HK出張

昨年10月の日本行き以来台湾で悠々と過ごしていたのだが、来週末13日-15日に香港出張が決定だ。
主目的は、現在問い合わせ対応中の東京企業の方と面談すること。
香港エレショー見物に出かけるそうで、台北に立ち寄って戴くという手もあったのだが当方としては深圳駐在のスタッフにも会って戴きたく、先方はワシ自身との日本商習慣前提の話がしたいというご要望につき、ワシも香港に出かけることにした次第。

フライト費はNTD5000くらいを見込んでいたのだが、取ってみたらNTD9000近く。週末だしイベント期間なのでやむなし、ってことだ。
以前も記したが、なんでフライトっちゅうのは人気が上がると高くなるんだろうな。他のサービスにしろ商品にしろ、人気が上がれば安くなるものなのにな。

せっかく行くなら、っちゅうことでワシも香港エレショー見物をすることにしたぞ。
ワシらも、1日も早く出展者側になりたいもんだ。

なおもちろん宿泊は深圳。香港はなんもかも高いし。
香港には何十回と行っているのに、観光も宿泊もしたことがないわい。時間があったらなんかしてみようかのぅ。

コロッケ製法まとめ

初回のコロッケ作成から10日ほどしか経っていないが、以来計3回、40個ほどのコロッケを量産した。どうにもうまくいかんので確立したかったわけだわ。
で、本日ようやくまとまったので、覚え書きに記しておく也。

入れる肉

牛でも豚でもよいが、芋1kgあたり300gくらいにとどめる。入れすぎると狙ったコロッケにならぬので要注意だ。
みじんベーコンが結構いけて侮れない点も要注意だ。積極的にベーコン採用もアリだろう。
なお、玉葱は芋1kgあたりデカいの1個でよかろう。

コロッケベース

当然ともいえるが、衣つける前のベースの時点で美味くないとコロッケ完成後もダメだ。味を見るならこのベースの時点で見るべし。
芋は潰しすぎるとクリーミーな感じになる。刻む感じが宜しい。が、フードプロセッサで徹底的に潰したものも美味いっちゃうまい。2種ストックで選択式とかが良いか。

成形とストック準備

成形自体はまぁなんでも。
んで、成形後は冷凍庫に突っ込んで30分おくべし。これをしないと衣つけで卵に突っ込んだ時点でゆるゆるで大変なことに。
30分以上おいても良かろうがそこまでせんでも、と。30分で結構固くなる。こうなれば卵もパン粉もとんかつ同様ガッツリつけられるというもの。

ストック品の揚げ

15mmくらいに成形しても、表面が良き頃合いの時点では中が冷たかったりする。
ちゅうことで電子レンジで1個1分くらい解凍してからが宜しい。電子レンジなら中から発熱するしな。

以上。
手法が確立したので今のストックが切れたらまたしばらくやらんだろうけども、現在未だストックが20個くらいある。たまらんな。

電子レンジ対応カップヌードル

突然”カップヌードル”を名指しで食べたくなった。
しかし”カップヌードル”はNTD60とかNTD70とかする超高級品なのでんなもな買ってられねぇ。香港日清、日清食品有限公司の合味道で妥協だ。
薄めだが味は似ているし、シーフードはかなり近いので宜しかろう。

んで、松青で合味道シーフードと、なんか前と変わった気がするエビ味を購入。
エビ味はちっこいエビと正体不明のミンチ塊が入っていて、ノーマルにあたるものになるのだろうと思う。

さて帰宅後、エビ味の何が違う感じがしたのか検分。

この製法下3種、電子レンジで時間短縮、が違和感の正体だろう。
湯を入れて1,2分とか、水入れて3分とか。
コンビニ店頭ではさっさと片付けたいし、良いのかもしれず。水から3分ってのはどうなんだろうな。わざわざこのために湯を沸かすよりは良いか。

これにあわせて側面の注意書きにも変更が。

左がエビ味。電子レンジ禁止マークがない。
右はシーフード。電子レンジ調理未対応パッケージなので電子レンジ禁止表示あり。

なおワシは今回も今後も”傳統煮法”を採用の所存。たいした意味はないけど。

明太子大廉売

前エントリの通りコロッケ量産したのでソースが欲しい。がそんなものは在庫切れ。
というわけで今日はソース購入のため、犬の散歩で松青に立ち寄る。

ところでそのコロッケストック、厚みが2cmくらいになっておるのだが、これはいかんということが発覚。
冷凍状態で揚げ始めると、良き頃合いに揚がったときにはまだ中が冷たい。凍ってまではいないが。
ちゅうことで、厚みは精々15mm程度に抑えねばならないとここにメモっておく。

それはともあれだ、ソースだけ買うのもなんなので店内を検証。つい昨日辺りに内部改装が終わったようで配置が大いに換わっておるしな。
さてそんな中、海鮮冷凍品にすごいものを発見。

明太子がNTD20って!
ちっこいものがいつもNTD200越えなので、明太子は必ず韓国か日本で調達であったわけだが、いくら今日が期限切れったってNTD20とはいかに。
バーコードも 902255 700″20″2 なので、NTD20に間違いないわけだ。しかし念のため、設定ミスじゃなかろうかと店員に「これホントにNTD20なのか」と確認。OKなのだと。
ならば、と3パックのうち2パック買い占め。残り1パックは同じく今日期限なのになぜかNTD198だったのでパス。

台所を中韓など危険なところに任せて税関が日増しにザル化する国に生まれ育ち既に40を控えるワシにとっちゃ期限なぞ参考で判断は自己判断だ。明太子は冷凍ならかなり超過してもOK。

そういえば最近肉類も安め。”瘦肉精”検出問題の影響だろう。
これも台所を中韓など危険なところに任せて税関が日増しにザル化する国に生まれ育ち既に40を控えるワシにとっちゃ割とどうでも良いので、安いのは有り難い。

コロッケ量産

冷凍庫にカレーだのシチューだのとんかつだの生姜焼きだのハンバーグだのが十分ストックされているのだが今日はコロッケを食したくなった。
コロッケなんぞはそこいらで、屋台的なところでも食えるのだがやっぱどうにも高いんだな。そんなわけで量産してストック追加するぞ。

さて、手順は簡単ですな。
芋茹でつつ玉葱と挽肉炒めて、マッシュクラッシュした芋と混ぜて丸めて、あとはとんかつと同じ。
んで、芋1kgと玉葱1個を調達。豚挽肉を150g入手したがなんか足りないっぽかったので、冷凍庫のベーコンストックを4枚分ほど追加混入。
ここまではもちろん楽々。砂糖・塩・醤油でちっと味付けて、来客コーヒー用に用意してある生クリームを入れてみたらなかなかの逸品になった。期待が持てるというもの。

しかしここにトラップがあったのだな。
このコロッケ中身ベースを小さめのハンバーグくらいにまとめて、小麦粉をつける。
次、卵だが、なんとここでその中身ベースが柔らかくて崩れる。なんとか引き揚げたが中央が薄くなってしまうがな。
更にパン粉をつける段でも、とんかつみたいに”圧着”的なことができぬ。なんともまぶす程度が精一杯で、なんかイマイチパン粉のつきが甘い感じ。
うーむ侮れんな洋食モノ。
なんか”洋食”のメジャーメニューってなぁ、オムレツとかハヤシとかコロッケとか、難易度高いもんが多い気がするぞ。

ともかく全部衣つけきらんことには話にならぬ。
で、卵はできるだけ触れずに器を回す感じに動かして側面に行き渡らせ、そこで反転させて終了。
パン粉は卵付きのベースをパン粉入りの器にドサッと入れ、卵同様器を回す感じに動かして側面に行き渡らせ、そこで反転させて終了。
なんか不満だが、ともあれ10個完了。

あとはまぁ揚げるだけなんで。8個は冷凍ストック、2個を揚げた。

これが完成品。1個は食ったあとである。
揚げる直前には難航したが、上がってみればヴァッチリ美味かった。
あと8個あるので2個ずつ食っても4食分だ。十分なストックである。

事故

今朝、といっても日をまたいでしまい昨日の朝になるが、オフィス前の大通りで人身事故があったらしい。
最近はあまり事故を見かけることもなかったが。

倒れている人についている脱色頭は、パイロン持ってきて置いた。この時点では警察と救急を手配中の様子。
ネクタイ着用のおっちゃんは、スクータを引き起こしたところ。
実は事故の当事者は、手前の黒ヘルメットと倒れている人。前記の2人は手伝っているだけなんだな。
手前の4人のうち3人も状況確認と現場整理をしているだけ。このあと銀フルフェイスが追加パイロンを持ってきて後続車を路肩側へ流し、派手なアルファベットパーカーとベストのおっちゃんは引き揚げ。

もう相当前、大陸に通っていたときは日々事故は見かけたが、遠巻きに見ていることはあっても協力しようってのはいないもんだった。うっかり協力したりすると要らん重大事に巻き込まれるし。
ちょっと前にも広州で、車にひかれた子がひたすら無視放置されて、数度轢かれて瀕死になり、ついに助けたおばちゃんが”偽善者”とか何とか言われてたしな。
中文圏とはいえ随分違うもんだ。
そういえばワシの事故の時にも夜学の学生が各手配と警察への初期説明をしてくれたんだったな。
日本在住時代も諸処大変だったし、やっぱり言葉は不自由でも、台湾ホームな現状が過去最良だ。

テレビ番組に爆撃

多忙とか焦燥とかでかなり長いことテレビ視聴から離れておったのだけれども、緯來日本台でやっている『日本學問大』なる日本の小ネタ番組を繋げたような番組に我が業務プロジェクトのネタがちょいちょい出てくることを知り、取引先への内容説明とか状況把握(日本のあちらさん方は大体電話等殆どしてこず、Mailの一文で端的な情報のみしかくれないものなんで)のために最近またテレビの電源を入れるようになった。
チャンネルは緯來日本台の75に固定状態だけども。最近は國語への慣れもテレビラジオなど使わずに電話とか酒盛りでの実地研修だわい。

その緯來日本台も日がな一日『日本學問大』を流しているわけではないのであって、当然ながらドラマだのの他番組が殆どを占め、数時間おきに30分、というペース。
更に、マヌケにもつい昨日分かったのだが、土・日は放送がないようだ。
その土・日はやらないことを知るまできっちりテレビつけて待っていたんだが、とかく土・日の番組はリフォーム旅行食い物子だくさんで占められていて猛烈につまらん。
うち、子だくさん番組に関してDPRK的無茶攻撃を仕掛けるぞ。もちろん以下閲覧非推奨。我が個人的記録ということで十分なんである。

続きを見る

ATTS咖啡

2009年末にできた自宅向かいの和食屋”天樂”は、見事経営状況が転落したようで昼の弁当商いなど始めたりしていたが結局閉店。
次にどうなるかと思っておったところ、コーヒー屋になったらしい。住処を追い出されてオフィス寝泊まりになって以降通りかかることもなかったので知らなかったのだが、9日にお越しのコンサル企業セールスが「せっかく江子翠に来たのでいってみようと思う」と仰せなので、ワシも同行させてもらうことにしたのだ。

先ず9日当日はとりあえず様子見。
店主とオーナーは親子で日本人なのだそうだ。ここいらへんはスポット的にコーヒー屋が集中しているので、しっかり研鑽してもらわないと年単位で乗り切ることはできないだろうので頑張って戴きたいところ。
現在開店2週間だが、台湾に多いコーヒー評論家のの中で著名な一人がFacebookに紹介してくれたそうで、かなりの大盛況。
しかしこれは天樂でも同様だったわけで、開店直後が落ち着いて売り上げが下がってからの回復が重要というものでありませう。日本人経営者はこういうのに弱い傾向があるので留意して欲しいな。

コーヒーは”ATTS混合”が好みの味でよかった。サービスでもらったパンケーキが大変結構でありました。

でもって翌日10日にもう一度訪問。
ランチメニューなど試してみようと思ったのだが、訪問は14:00。遅いぞ。

続きを見る

HP Mini 5101 いよいよヤバし

ようやく食いもんネタ以外を挙げることになる。

昨年9月に“半死半生”とした我が業務機HP Mini 5101、様々不調が出てきた。

昨年からのWifi不調は放熱を強化したりしてごまかして使っているのだが、他にもいろいろ問題が出てきたぞ。
まずは外部ディスプレイ出力。
自デスクで外部ディスプレイ繋ぎっぱなしならOKだが、出かけたときや来客時応接テーブルで資料出したりするために別のディスプレイを繋ぐと出力が出ないことがある。
そこではうまくいっても、自デスクに戻って外部ディスプレイを繋ぐとダメ、ということも多い。かなり困る。
それから基本的に、処理がもはや追いつかない。
電話で会話しながら資料だそうとすると出るまで数分かかったりするので、待たせる時間が長いし電話代かかるし。
あとは細かいことだが、バッテリがへたっていて2時間も持たないし、キャビに割れがあるし、”J”キーがよく外れるし、左Shiftキーは効かないことが多い。

もう買い換えを検討せねばならぬかも。
ちなみに営業用ノートPCは全てCore i3、総務用デスクトップPCはAthlon II X2で、我がPCは圧倒的最低スペック。
明日から総務主任が交代なので新総務主任のアカウント設定で総務用デスクトップPCを使ったが、すばらしき早さでカンドーだ。
単に社長役だけやっているなら良いのだが、各部門長と技術全般を兼ねているので処理能力もキツい。
出張外出で持ち歩きまくるし、思い切ってVAIO Zとか考えてもいるが、高くてなぁ。とにかく稼がねば。

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る