Home

1.5人 台湾体当たり生活記

飼い犬の海外移住(1)

さて次なるは犬の輸出・輸入であります。
こいつは、当初は家族で飼い始めたのですが後に各人分かれて住むことになってしまい、行き場を失ったので私が引き受けてペットOKアパートで一緒に暮らしていたのでした。
しかし海外移住を決めてしまったので移動がつらかろうと思い、八ヶ岳の長期預かり施設に預けることを考えたのですが、”一緒に行きたい”と訴えるもので(バカっぽいですが、わかるもんです)、同行させることにしました。

続きを見る

海外移住(3)

そんなわけで9月15日 19:00、30万円ほどの全財産(少ねぇ!)、3日分の着替え、犬、パスポートを握って台北に降り立ちました。
住む場所ですが、実はこの時点で決まっていませんでした。日本と違って個人貸借が基本で、不動産屋を通すと海外出向者が住むような超高額マンションしか見つからなかったのです。
というわけで初日はホテル住まい。出張で来ていた頃に見つけた格安ホテルを18日までの3泊取り、まずは棲み処を早急に決めます。

続きを見る

海外移住(2)

まずは居留のためのビザを手に入れなければなりません。
雇用のための居留となるのでその条件で調べてみたところ、” 関係官庁の許可書原本と写し2通 “が必要でした。

で、この書類はどうやって用意するのかと問うと、雇用する企業が用意するとのこと。
早速先方に連絡すると、
– 8 pieces of photos (写真8枚)
– Photocopy of passport(パスポートのコピー)
– Photocopy of degree diploma(学校の卒業証明書)
– Official proof/certificate of employment(前職の雇用証明書)
これらの書類の提出を求められました。
すぐに用意して送ったのですが、ここで問題が。

続きを見る

海外移住(1)

初心を忘れないためのメモを兼ねて、移住の際の手続きを記しておこう。

2005年4月3日、台湾の日系企業から”来ないか”とのオファーを受けました。
それまで(若かりし頃限定)オーストラリア・韓国・中国の企業から話を戴いたことがあったのですが、
– オーストラリア : 聞いた話しか知らない。(実際に数週間いってみないと実情はわからないものです)
– 韓国 : 半数くらいの人はコワイ。
– 中国 : 一生暮らしていけると思えない文化。
乱暴にまとめると上の理由で断っていました。
しかし台湾は長く住める感触があったので、2ヶ月考えた末6月2日、話を受けて移住を決断しました。
親掛かりでもないし家族も犬以外にいないので、自分の判断が全て通る今がチャンスと思ったのですね。

6/14に当時の勤め先に退職の意向を伝えたところ、なんと6/30をもって退職となりました。
これは大変、業務引き継ぎを急がねばなりません。
ぎりぎりまでかかってなんとか業務引き継ぎを終え(とはいえなんとか後任者にわかるように纏めた程度)、7月から移住の手配を始めました。

要は日記・日誌

ごくまれだろうとは思うが、思いのほか日記が役立つことがあるようなので記してみようと思う。

ズボラな自分は気張るとすぐにバテるので、気楽に。

まずは1年前の移住の際の手続き等々をメモっておこう。後々どなたかの役に立つかもしれないので公開だ!

212 / 212« 先頭...102030...208209210211212

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る