Home

1.5人 台湾体当たり生活記

スクータ整備とか

今回、大陸が1月3日まで休み、日本が概ね1月6日まで休み、ってことで会社としては12月29日から1月6日まで休みにしたのでござる。
そんで久しぶりに南部に遊びに行っちゃろうとおもっていた。もちろんバスなどではなく自走で、だ。

ところが、12月31日までみっちり多忙、1月1日は掃除とか洗濯、1月2日は散髪と友人との会食、となり、1月3日に出発使用ということに一旦は決めた。
しかし今度は散髪から友人との会食への移動途中、排気音が異常にうるさいことが発覚。
エキパイとマフラーの継手部分が錆のせいで破れ、排気漏れ。

一般の感覚では法規上問題が無い限り音が大きい方がよい、ってことなのは分かって居るが、ワシは異常者なので音が大きいのは絶えられない。
例えば”超低機能エキパイ+マフラー、5ps損失増加・10dB低騒音化、USD1000″とかいうものがあったら、少し悩んで買ってしまうくらい異端。
そこでともかく出発は1月4日早朝に延期、修理することにした。

続きを見る

大晦

さて今日は”おーつごもり”ってやつだ。
なので夕飯はそばにしたぞ。

そば&かき揚げ

かき揚げは過去の中でもベストクラスの出来。素晴らしいぢゃないか。
でもこの出来なら正直かき揚げ丼にしたかった。

ひとつ今年の反省など。
今年下半期は全く受注無しというとんでもない状況だったのだが、この要因は顧客の検討期間が長すぎることのほか、うちのスタッフの対応が遅すぎることがある。
これ、急ぎ・至急・緊急、に対する感覚が東京とは違っているっちゅうことだとようやく悟った。
例えば、「至急連絡を」と言われた場合、東京感覚では2, 3時間程度のイメージだと思うが、台北・深圳では1, 2日な感じ。20倍くらい時間がユルい感覚だ。沖縄の”うちなータイム”とやらを適用範囲拡大した感じか。
この”南華タイム”に加えて華人文化”相手に都合の悪いことは言わない”を合わせて、問い合わせに対して内容受領の連絡すらせず黙って数日とか数週間とか検討するので、顧客先方としては、対応出来ないのだろうと推測したり無視されたと感じたり、ということになる。
2013年は改善しないとな。生来の文化だから簡単には治らんだろうけど、無理ではないし無理とは言わさんし。うちは正規台湾企業だが中華のための起業じゃないし。

丁香魚乾

よく快炒店のつまみ系料理に入っている煮干し状の小魚があるのだが、150gでNTD100くらいとかなりの高額なんである。どう見ても煮干しなんだがな。
そんな値段ならアーモンドでも買うわい、と無視し続け数年だが、最近ほんの気まぐれで買ってみたのだ。
するってぇとそれがまた美味くてだな。調理したりせずそのままもしゃもしゃ食ってしまっているのだが、なんちゅうか止まらん。

丁香魚乾

モノはこれ。下の松青で購入。NTD129。
同系デザイン青ラベルの”小魚乾”もあり、こちらはNTD99と安いし中身の見た目は全く同じに見える。
しかし”小魚乾”はやたらしょっぱいのである。快炒で使うならよさそうだがそのまま食うには不適。で、やむなく高額なこちらを主に食して居る。

ところでこの丁香魚、なんだかわからんので学名からひいてみたらキビナゴだとのこと。
普通にカタクチイワシの煮干しで良いと思うんだが、どうしても台湾人イワシを避けるのだな。つみれや煮付けの為にも売って欲しいんだがなぁ。やっぱ自ら取りに行くしかないかのぅ。
もちろんちょっと海に出ればカタクチイワシもマイワシもたくさんいる。が、獲らない売らない。下魚扱いなんだろうな。

タルタルたるもの

以前のカキフライ作成時、タルタルソースが欲しいが入手難&作成も難ありの旨記したわけだが、先週なんと戴いてしまいましたよ!

キューピータルタルソース

いやはやなんとも有り難いことである。なお、ご提供者はからしとゆず胡椒を戴いた新莊にご在住の日本人の方。
しかもお届け戴いて恐れ多い限り。

ということで早速タルタルカキフライ。

カキフライ定食

はい、完璧だ。
ソースで食した分もあったので冷凍ストックは残り1回分となった。また量産するべしかな。

IRコントロールヘリ購入

今年下半期は新規契約案件がなく、会社的にも個人的にも非常にきつかった。
が、今までの種まきの成果がようやく出てきて、11月下旬から一気に問い合わせが増えて、良いことだが大変。
そんでその関連で、今週またまたまた深圳に出張してきた。今回、本来は香港で弁護士との面談も予定していたんだが、急遽キャンセルとなってしまいやむなく深圳のみの訪問。

まぁ仕事の件は特段問題無く、ノルマはこなした感じ。出張期間に新たに指摘された問題点はあるけども・・・

で、香港での面談を予定していた時間は空いてしまったので、華強北に市場視察とか行ってみた。

続きを見る

カキフライ

Facebookで友人がカキフライの写真をあげていた。
うっかりそれを見てしまったワシは、どうにもカキフライが食べたくなってしまったのだな。地雷を踏んだわ。
牡蠣自体は豊富にあるしカキフライを売る店もある。が、和食カテゴリなのでとかく高い。NTD200とかな。
そこで、我輩としては自作することになるわけだ。

続きを見る

自動Immigration

先月中旬に香港・深圳に行ったが、帰ってくると入国審査で自動ゲートが設置されていたんだな。
これが使えるようになれば帰国時にもスタンプを押されずに済むわけで、10年パスでも増補などせずにいけるんじゃないかと。
増補にしろ更新にしろ、国交無しなせいで台湾 – タイ – 日本 – 台湾、という手数でとかく時間がかかるので、極力パス関連のことは避けたい。

そんでその僅か2週後、再度深圳出張になったのだが、その帰りに自動ゲート登録の呼び込みをしていた。
居住者であることが条件だそうで、ならばワシにも申請権がある。
ということでもちろん登録だ。

続きを見る

続いて香港・深圳

つい先だってに帰ってきたばかりだが、今週末13日から続いて香港・深圳出張。先月から決まっていたことではあるので気持ちは固まっていたが、やっぱり台湾内でもちっとゆっくりしたかったのぅ。

目的は、
– 香港秋期電子産品展参加(Visitorだが)
– 技術顧問としての顧客設計発注先訪問会議
– 中期計画内の自社製品開発設計予定調整
– 深圳拠点との業務戦略会議
どれも重要なので行かねばなるまい。深圳スタッフに任せきりにするのはあまりに無責任というもの。

ちゅうことで、詰め込んだけど13日-16日は必要。13日朝に出発し、16日夕方帰国、という予定でフライト確保。
しかしなんで香港赤臘角機場は空港利用税があんなに高いんだろうな。不満である。

なお今回も、宿泊は深圳だ。香港は高くていかん。
13日・14日は龍崗の深圳拠点スタッフ宅に泊めて戴き、15日は南山区の訪問先近くに宿泊という手配。
最近、「単純にいい話」が久しく無いので、なんかモチベーションが上がる小ネタがあると嬉しいのぅ。

発熱

先般の東京出張後、その出張中に起こった要確認点などをすぐに各方面へ投げたのだが、一点、現在台南で行なわれている作業については9日に検討用機引き渡しと状況確認の必要があってまたまた高鐵嘉義站へ行ってきた。
ま、結果は不本意なんだけどもそれは覚悟はあった。もちろんOKではないが。
なのでたまげたショック、って感じではなかったのだが、台北に戻ったらなんか頭痛くなってきた。
ちょっとした頭痛かな、と思いつつ深圳拠点と確認や指示などしておったら、今度はなんか寒気が。熱が出てきたらしい。

サラリーマン時代にはなんかよく体調悪くなったが、離れてからは比較的体調面では快調だったので久しぶりの発熱だ。
どうにも具合がよくないので、一先ず2時間だけ休むことにした。

するとますます悪化してきて、1時間後には40.0℃とか。40℃に達したのは記憶にないな。びっくりだ。
そんで結局2時間では動き出せず、結局翌朝11:00にようやく立てるようになった。

で、ここでもういっちょびっくり、11:00には”ようやく立てる”状態だったのに、12:00になる頃にはもー全くの通常状態、休日なので掃除洗濯も必須だが同時に前日の積み残し業務をヴァリヴァリ処理できる、ってなもんで。

発症が突発的、症状が重篤、回復が迅速、という今までにない経験であった。なんだったんだろうな。

希少な連休

日をまたいで10月8日になった。
実は昨年末に2012年の休日設定をしたとき、今日・明日は休みにしたのだ。ということで通常の週末と国慶節(雙十節)を合わせて5連休だ。
顧客のほとんどを占める日本が10月8日が休みで、調達先の半数ほどと製造拠点の多くを占める大陸が国慶節で先週いっぱいが大連休だったので、んじゃせっかくなので休日となる祝日が少ない台湾であっても休日追加して連休作ってしまえ、という総務判断だ。

どっか遊びにでも行きたいところだが、一昨日まで多忙で昨日は休んでから掃除洗濯で終了、今日は試作品組み上がり待ちで場合によっては明日完成になるかもしれない、ということで出かける余裕があるかは微妙。
先週までは、宜蘭の鯖魚節に行って焼き鯖食ってこようと思っていたんだが、昨日で終了なのでダメ。
今日無事試作品が納入されたら台南に送ってソフト書き込まないとならないので、手持ちで持っていってそのついでに台南・高雄・屏東巡りでもしてこようかな。

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る