Home

1.5人 台湾体当たり生活記

北京からの帰国 → 民國102年春節

2月3日の北京以来更新無し。これは帰国直後から体調ぶっ壊れでエントリどころではなかったからってな感じで。
ということでまずは最終日、板橋帰還までを記しておこう。

2月1日夜 – 2月3日の宿は空港に近く、空港までの無料シャトルバスがあるそうなのでこれを使ってみる。まぁバスったってもちろんワンボックス車だが。
出発便は15:30北京首都機場出発なので、十分以上の余裕を持って12:00に出発。雪と視界不良で事故とか数件見かけつつ12:30に首都機場到着。

KAコードでCAフライトだがNX機材、などという今回の行程の実績からすれば絶対にトラブりそうな内容だが、搭乗便のカウンタはCAカウンタでしっかり示されていた。まぁここまではOK、うまくいきそうにも思える。
が、そうはいかない。今回はとかくいろいろダメなのだ。
30分ほど並んで手番が来てみると、
「天候(雪)要因で1:20の遅れで香港での乗り継ぎに間に合わないのでKA(港龍航空)のカウンタで相談するように。」
ときた。あーまたこれだ、たらい回し。コードシェアだの機材流用だのやるのはともかく、事情の変化に対応できずに利用者を振り回すならんなことするべきじゃないだろ。
別業種から見れば非常識とはいえ彼等にとっては何ら非常識ではないので言っても無駄、やむなくKAカウンタへ。
すると、14:00出発のCX便に振り替える、と。この時点で13:00。パス出せとかe-ticket見せろとかやたら「早く早く」と煽られる。なんなんだよもう・・・

んでさっさと搭乗に向かうのだが、この首都空港、出国イミグレの後に手荷物検査。なんだこれ。
そして手荷物検査でいろいろ没収の憂き目に。盗られたものは、
– 携帯電話用パワーバンク(電池切れの予備外部バッテリ)
– 上着
始めは靴も没収されそうになった。靴は東京や香港でも引っかかったことがあるが、脱いで別に検査を通して通過したことはある。が、北京では没収だとさ。
香港・台北でずっと靴無しで動かすつもりかよ、勘弁せぇよ、とごねること15分ほど、なんとか靴の没収は免れた。
上着はまぁ、香港も台北も必要ないので諦め。パワーバンクも靴没収を免れるため供出。賄賂と思うしかないな。
出国が終わった後だから、ボーディングパス発行カウンタに戻って預け荷物にすることも出来ないわけで、いろいろ稼ぐために出国後の審査にしているのかな、とも思った。
ごねて切り抜けられるのはどの国でも一緒だな。ワシは成田でも問題ないはずの品物にいちゃもんつけられて騒動に近くなったことがあったな。確か過去エントリにも挙げた。

まぁ損害は大きかったが一先ず搭乗。が、なかなか飛び立たない。特にアナウンスもない。
んで、結局飛び立ったのは3時間後。皆良く耐えたな。
しかしだ、香港到着は20:15なんだな。もう飛び立ってるじゃないか。振り替えの意味なし。
で、どうすんのかと思ったら降りたとたんに「乗り継ぎ失敗者はこっちだー!」とか八百屋や魚屋みたいな呼び込みしているんだな。
それに乗っかって進むと折りたたみテーブルに発行済みボーディングパスがばらまかれていて、それぞれ渡されたり自分で見つけて持っていったり。もうなんか年末のアメ横以上の大混乱になっている。
そしてワシに割り当てられた便は21:20発。桃園到着は23:00頃、バス乗り場到着は23:30とすると、すぐ出発するバスがあったとしても永寧站到着が24:00。最終MRTにギリギリじゃないか。うむむ、今夜は帰れないかもしれんな。
などと思っていたら、更に出発が遅れて22:30発。こりゃもうダメ。

桃園到着は24:00。バス乗り場に着いたのは24:35。板橋站まで行って歩いて帰ろうかとも思っていたのだが、終バスは売り切れ満員で乗れないとのことで、桃園での夜明かし決定。
空いている出発フロアのシートで始発バスを待ち、結局朝6:00に板橋オフィスへ帰還、そのまま仕事。しかしその日の午後から体調を崩し、今に到る、と。
いやもう深圳出発以降、全てが滅茶苦茶だったわ・・・

そんなわけで今年の春節はすっかり寝春節、療養に専念している次第。まぁ春節でも仕事は休めないので”専念”でもないんだけど。
でもなかなか治らないのだよ。

続きを見る

天候 雪

今朝は朝から雪が降っているのである。

北京は降雪

うむむ、フライトは大丈夫なんだろうか。
北京 – 香港 : 15:30 – 18:50
香港 – 台北 : 20:00 – 21:35
てな予定になっているので、遅れたりすると台北に着けないと思うぞ。

気になるがとにかく首都機場に行かねば。思いっきり余裕を持って12:00に宿を出る。空港はすぐ近くだから12:30には着くだろう。

大陸出張 6日目

今日は1日自由時間。業務Mailがたまっているから自由時間にしたくないのだが、Mailの送受信がうまくいかないのでやむを得ない。かなり焦燥するし帰国後にものすごく大変だが・・・。

ま、ともかく自由時間にするしかない。寒いわ空気悪いわで外出したくない気もするのだが、せっかく来たんだし他のことが出来るわけでもないしなので観光に出かけてみることにした。出張期間に観光が入るなんて何年ぶりだろう。最後の記憶は移住前の9年前、台北出張で挟まった土日に鹿港へ行ったことだな。

続きを見る

香港滞在 追加分

おっとそうだ忘れていた。一昨日の香港滞在の追加があるんだ。

まぁ基本的に文句たらたらでつまらないんだけど。メモだ。

続きを見る

大陸出張 5日目

今夜は成都にいるはずが、今も北京にしばられている状態。寒いし空気悪いし。

メール送受信がうまくできず仕事することも出来ないのでヒマ。外に出るのは寒い。夜は20:00にはもう概ね店などは閉まる。
ということで無為に時間はある。なんか体調悪いから寝ようかとも思うんだが、せっかくなので以下長文。

続きを見る

大陸出張 初日 – 4日目

現在北京市内。寒い。空気悪い。
4日目の今日は朝から酷い目に遭いまくりで大変だったぞ。
明日朝5:30起きなので過酷だが、まとめる時間はこれからもなさそうなのでちょいとまとめておこう。

続きを見る

過酷なさなかの過酷な出張

例年のことだが、11月下旬からの多忙が今も続いていてそりゃもう大変。期末の処理もあるので12月がとくに大変なんだが、処理が追いつかずにたまっていくので春節まで忙しいのが毎年の恒例ってな感じになってしまっておる。
結局年始休暇に行こうと思っていた南部旅行も中止だし。せっかく愛車整備までして万全だったのに、無念きわまりなし。

んで今回、スタッフや取引先の不手際もあってどうにも片付けなければならないことがたまってしまい、急遽明日から大陸出張。
しかもだ、行き先が今までにない広範囲。

1/28 : 台北 – 香港 – 深圳
1/29 : 深圳
1/30 : 深圳 – 香港
1/31 : 香港 – 北京
2/1 : 北京 – 成都
2/2 : 成都 – 北京
2/3 : 北京 – 香港 – 台北

なんですかこれはもう。
2/2と2/3午前はリスクのための予備日なのでとくにやるべきことはない予定ではあるが、それにしても移動が多くてびっくりだ。北京なぞ出戻り行程があるし。

今回は、数十回或いは3桁に届くほど行っている香港に初めて宿泊する。別に楽しみなこともないが。とにかく宿泊が高くてびっくりだな。
理由は、北京へのフライトが8:00発なので深圳から赤臘角に行ったのでは間に合わないという判断。
北京は初めての訪問ですな。なんかとても寒いようだが、今や防寒装備など無いのでとりあえず体当たり。耐えられなかったら現地で調達しよう。
成都はものすごく久しぶり。10年くらいぶりか。少しは変わったかねぇ。数年前に珍しくも大地震があったから、建物などが新しくなっていて少し感覚が違うかもしれんな。

しかしなー、基本的に行きたくないんだよなー。先月行ったばかりだしさー。
用意する気も起こらないので、明日午前中に準備することにする。今日は寝る。

鶏水炊き

今日はなんか寒い。いや、寒く感じる。13℃なので実際それほど寒いわけでもないんだが。
んで、自宅で一人鍋などやってみようと気まぐれを起こしたのだった。

さて、モノは何にしようか。
個人的には鍋ジャンルではないのだが、おでんにしようかとも思った。が、アレはとかく高く付くし、数日おでんが続くことになるので現状ちと苦しい。鰯つみれもないし。
ほんで、安くて美味い鶏肉ベースで行くことにした。
そういえば数日前に眺めたテレビで、”鶏の水炊き”が出ていた。
水炊きといえば幼少のことから野菜と豚肉で、美味い印象はない。が、本式は未だ見ぬ地九州福岡の名物で、絶品であるらしいな。
ならば幼少の記憶をぬぐい去るためにも是非鶏の水炊きに挑戦しようではないか。

続きを見る

そうだ、南部、行こう

うちは台湾企業だが、日本や大陸に合わせて12月29日から1月6日まで思い切った長期休暇にした。
それを活かして久しぶりに南部スクータ行を考えていたわけだ。最近乗る機会が大きく減ったのでたまには長距離運行もしないと調子悪くなるしな。

でも、過去エントリであげているとおり延期が続いて、1月3日出発を目論んでおった。
しかし更に3日の龍山寺参拝直後のMailで、4日18:00に製品出荷を行なわねばならなくなった。うぅ、また延期だ。しかも5日って土曜日じゃないか。土日は避けたかったのになぁ。

とはいえせっかく整備もしたので、やっぱり行きたい。
でも1泊土日行だと、翌日の通常業務が辛そう。

そこで、ちょっと条件を用意してみた。
– 明日朝6:00の時点で雨が降っていなかったら出発。
これでいく。
雨具着て出発はちと面倒なので、それを条件にしてみたわけだ。

ちなみに今回の目的は、
– 高雄瑞豊夜市
– 屏東東港で桜エビ仕入れ
これだ。
最早六合夜市はむやみに高いしつまらんし、多くの店が瑞豊夜市に移ったのでやっぱいくなら瑞豊夜市でしょう。
桜エビはまぁ、ついでみたいなもんで。値段自体は台北で買っても大して変わらんからの。
まぁ目的なぞでっち上げみたいなもんで、実際のところスクータで屏東まで往復する過程が主要なんだがな。
東部も行きたかったが、今回は日程が押してしまったので東部は春節の楽しみにとっておくことにした。

なお前回の高雄→台北深夜走行では、苗栗・新竹が寒くて敵わん状態だったので、今回は1線や3線を避けて出来るだけ西濱公路を使うルートで行くぞ。
このルートは快適なことは過去数回で確認済みだし。

ちなみに今回(も)、宿泊は一切押さえていない。
行ってみてそこらの旅社に飛び込みで、空きがあって価格が見合えばそこに投宿、とする。どこもなければまた深夜行で帰って来ちまえばいいしな。

行照

前エントリで触れているが、排気検査と行照の期限が切れていることに気がついた。
本来は更新案内がくるのだが、登録住所に住んでいない状態のためすっかり抜け落ちていた次第。

そんなわけで即刻排気検査と行照更新だ。
排気検査はエキパイAssy交換の時に済ませた。行照更新のために1月3日に板橋監理處へ。

監理處

何度も来ているのでもう慣れたな。今日の目的受付はこのC棟。
だがその前に強制保険の加入をせねばならない。行照期限切れということは保険も期限切れなんで。

保険加入は簡単。監理處にスクータ止めてすぐ隣の保険事務所で即刻加入、2年でNTD1200くらい。
で、このC棟。
行照が期限切れの旨伝えると、なんと1月1日から制度が変わり、行照の更新はなくなったのだそうで。
これからは毎年登録住所に税金の納付案内が届くのみになるそうな。
で、期限切れでもとくに何もしなくて良いんだと。保険切れのみに注意し、7月に税金納付案内が来るのを待てば良いらしい。

んぢゃ問題なしで帰るか、これで問題なく明日朝南部に向けて出発できるな、と思って外に出る直前、思い当たった。
登録住所に住んでいないので案内が来ても受け取れないのだった。
そこで連絡住所を登録して、問題なく案内類が来るように手配して、終了。

今年は健保の制度も”二代健保”とかいうのに変わったし、いろいろ変わったものがあるのかもしれないな。

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る