Home

1.5人 台湾体当たり生活記

最後の時 2

昨日に引き続き、最後の看取り状態。

今日はいよいよ飲むこともできなくなった。
水も”安素”も素直に飲み込む、むしろ意志としては飲みたいのだが、飲むと吐いてしまう。
こりゃ脱水だ、待ったなしだ。早ければ明日、そうでなくても数日中に逝くだろう。

んで、最後まで自然死に任せるか安楽死をとるか、朝から今まで『会話』に挑戦。
しかしダメ、昨夜同様全く意思が取れない。やられているのが脳と肝臓だからなぁ、以前のような『会話』ができない。
移住時と同じくらい根を詰めて話し合いを持ったのだが・・・
半日頑張って拾えたのは、

「(どこがかは分からないが)苦しい、痛いわけではない」
「ずっと見えるところにいて欲しい」

以上、これだけ。主張もとぎれとぎれだから大変だ。これではどちらを望むか全くわからん。
落ち着いている一瞬は視線が向くのだが、ほぼ苦しむか放心恍惚状態。

飼い犬の意思は飼い主にしかわからんとは思う。ワシも他家の犬とは会話できんし。
しかし特別な能力がある方やピンとくる方がおられるかもしれない、という恐ろしく望みの薄い可能性にかけ、現在一番目立つ”主張”を挙げてみる。

目下の主張(WMV movie 3MB)

まだ自力で立てた頃の起き上がる時と同じ前足のつっぱりをしつつ、この「わんわんわん」を3回1セット、15分ほどおきに訴える。
もしどんなことなのか察した方がおられましたら是非お知らせいただければと思います。

最後の時

1ヶ月近く手をつくした老犬だが、20日にはついに「回復の見込みなし」宣告を受けた。
まぁ脳だからねぇ、脳の老化じゃ回復は難しいわな。

で、今朝なんだが、呼吸が荒く頻繁に苦しげに吠えるようになった。耳も歯茎も真っ白。
日中は様子を見たんだがどうにもならんので、先ほど病院へ臨時搬送。

体温を採ってみると、37.0℃。1℃ほど体温低下だ。
こりゃまずいね、いよいよ臨終が迫っているわけで。

さてそんなわけで方針を決めなければならない。
あとは臨終を待つのみだが、犬なので心停止安楽死もある。

最後まで現状継続

まぁこれが理想ではあるが、とかく苦しげに吠えるわけですよ。
するってぇと、前の住居の時のように苦情で退去已む無しとなる可能性もある。
近隣の他の犬のほうが頻度声量ともにはるかに騒がしいが、ワシゃ外国人につき言葉も文化も不完全なので訴訟に持ち込まれたらどうもならん。
現状、会社に寝泊まりしている状態なので、退去なんてことになっては生活も仕事も一切合切全てが無くなってしまうので、退去だけはどうしてもできない。
この方法をとるなら、苦情が無いようにせにゃならん。難しい。

安楽死注射

かなり嫌な手段だが、利点はある。
1. 確実に看取ることができる
今まで数十数百の家族親族友人を送っているが、今わの際にはあったことがない。もちろん親も。覚悟のうえだがね。
今回安楽死を採れば、最後の家族の今際の際に確実に立ち会える。
2. 苦情退去はない
措置は最速で明後日9:00だが、それまでにもし苦情があっても、
「ハイ申し訳ありません、27日9:00をもって処分解決しますのでどうぞご容赦ください。」
で済むだろう。

さて、どうしよう。
一応犬自身に問うてはみたが、脳の問題のせいか以前のようには意志が読めん。ぶっちゃけ全くわからん。
ひょっとするともう聞こえていないかもしれん。昨日までは言葉に反応があったが、今日はそれもないからのぅ。
さてどうしよう。ホントにどうしよう。

ドヨホオ

昨夜は要介護老犬が頻繁に起き上がり徘徊するので介護者としては徹夜である。
まぁ前の晩は不眠にもかかわらず珍しく寝られたので割とヨユーっち。でも一応寝ておこうと思い、眠剤抜きで缶ビール飲んでみている。飲んだら寝てみよう。

さて模型に関しては前回、秋月(元キットは初月)建造としているのだが、実はその直後に大淀(1944型)を手に入れているのですわ。
秋月はかなり思い入れのある艦なのでちょいとオプションパーツをつけようかと件のじいちゃんの模型屋で漁った時に、うっかり大淀がNTD420で売られているのを見つけてしまってのぅ。
良心価格の店とはいえ同クラスの艦(箱サイズは同じ)が軒並みNTD600以上のところ、NTD420は破格というもの。おっつけ収入があることが決まったこともあって買ってしまったわ。

ほんで早速秋月前のトレーニングとして組み始めたのだが、軽巡とはいえ巡洋艦となるとなかなかの手応え。春節を経ても艦橋が出来上がったくらいで止まっていたのだが、この度漸う竣工である。

大淀1944年改修

うん、万トンクラスとなると1/700でも結構デカい。全長30cmくらいある。

大淀もかなり好きな艦だし秋月に向けての練習ラウンドということで、キットにない手すり・梯子・空中線を追加してみた。
空中線は0.1号極細ハリスだ。うんげー高いんだけど張りやすかった。昔ナイロンテグスで挫折したことがあるが隔世の感ありだな。
細すぎて見えづらいのでバックを真っ白にしてみる。

空中線配置

こうなっておる。結構省略したが、空中線張ると随分締まる。こりゃいいや、材料がそらもう高いんだけどな。

さて、続いて秋月にとりかかるぞ。ディテールアップも大淀同等に施すぞ。
んで2隻で慣れた実績をもって、取り置かれている利根に取り掛かりたい。

もう朝だが寝ようと思っていたのに、また婆様が徘徊を始めてしまった。寝付いたと思ったのに・・・

地産ソース

ソースが無いのだ。

焼きそば製法確立のため試行していた時に期限切れ投げ売りブルドックソースを4本買い込んだのだが、どうにも焼きそばはソースを大量消費するのでありまして、もう底をついているのである。
ストックのチキンカツを食おうと思ってソース調達のために最寄りスーパー2軒に行ったが、どちらも売っていない。
まぁ売れないんだろうな。酸っぱいし高いし。Sauceとソースは違うっちゅうこっちゃ。

そんでもやっぱりソースは欲しい。だがそのために遠征したくはないのであって、どうにかならんかと探ってみると松青で地産のソースっぽいものを見つけた。
ソースは日本のもんだし、成分が微妙なのでやや迷ったのだが、已む無しだし試してみねばわからんしなので思い切って買ってみた。

梅林辣醤油

梅林辣醤油。辣醤油ねぇ、まぁわからんでもない。
300mlでNTD85と結構な高級品。日本のソースよりは安いからまぁよし。

ソースはトマト・玉ねぎ・人参あたりを中心に多種多様の野菜を徹底的に煮込んだものだと思うが、この梅林辣醤油は玉ねぎ・エシャロット・にんにくあたりが中心でその他野菜類をガッツリ煮込んだものであるらしい。イギリス流に近いか。しかし材料に生姜や梅まで入っているんだな。着色料として醤油も入っていたり。

だいぶ味が違いそうだが、ともあれチキンカツに使ってみる。
結果としては、ソースとはだいぶ味が違うがフライものを美味しくいただくにはOKといったところ。

続いてはこの辣醤油でソース焼きそばをやってみるぞ。うまいこと焼きそばになってくれれば、次回の日本訪問時の調達を予定している粉末焼きそばソースを手に入れるまでのつなぎとしてこれを使っていこうかと思う。

点滴開始

またまた要介護老犬のネタである。寝ても覚めても介護ばっかりだからしゃーないんよ。

4日前から完全に餌を食わなくなり、3日前に獣医から”安素”なるミルク状の栄養剤を勧められて飲ませたのだが、一昨日からはそれすら飲まん。水飲むのみ。
薬同様注射器で口に注入で飲ませたものの、今朝以降はそれも受け付けず一旦飲んでも全て吐いてしまう始末。
ヨタヨタぶりもとんでもない状態になってしまったので、移住時に使ったケージを10年ぶりに使ってキャスターで病院搬送である。

続きを見る

やはり脳

つい一昨日に犬の致命的なボケっぷりを挙げたが、今日は朝から状態が酷かった。
飲まない食わない、涎タラタラ、動く際のヨタヨタぶりもいつも以上、数分おきに助けを呼ぶ、といった状態で、あまりに酷いので病院へ連行。

続きを見る

咬傷

我が老婆犬はよたよただがまだ外には出たがる。ろくに歩かんけど。
ただし、外にでる際につける胴輪は付けるのをものすごく嫌がる。よたよたが酷く座っていても片足上げができないせいだろう。
また、前足を掴まれるのをすごく嫌がる。これは昔から。

そんで今日、外に出してやろうと胴輪をつけようとしたがいつもどおり嫌がる。しかし付けねば出すわけにいかんので前足掴んでつけようとしたところ、おもいっきり噛まれた。流血だし、神経やられたか毒入れられたか数時間たった今も痛む。

だがね、ワシにとっての問題は傷ではないんだな。

歴代の犬猫に対する我が躾は徹底して、人を噛むことはいついかなる場合も決して許さん。
ヒト社会にいるがまともな権利がなくモノ扱いなのだから、そこだけは寝ぼけていても守るまでにガッツリ締めておかないと一生を過ごせないと思っておるんだな。なのでこの犬もそこだけは盲導犬並み、チビの頃を除いてあらゆる人を噛んだことはなかった。
今まではよたよたっぷりが目立っていてボケた様子はなかったので、小脳あたりがいっていて大脳は無事なのかと思っておった。
しかし今回まともに噛んだってことは、記憶や意識もいってるっぽいな。

5秒ほどの徹底折檻のあとはものすごいビビりっぷりなので、噛んだその時だけ染み付いた教育が抜けていたんだろう。
まさにボケの症状だよな。
間違って噛んだとかじゃなく、明確に嫌なことを避けるために攻撃したし。

いや、これはキツい。このことが傷などよりよほど痛む。
様々、対処を想定しておかねばのぅ。

すりごま

わたしゃ胡麻が大好きである。好きどころかマニアであろう。
そば食うときにはめんつゆ表面が見えないほど白ゴマ突っ込む(しかもさらに2,3回足す)し、スープ真っ黒になるほど黒ゴマ入れたラーメンとか大好きだ。
それどころか、胡麻そのものをモリモリ3握りくらい食うこともある。実は500gくらいいけてしまえそうなのだがそりゃあまりに食い過ぎな気がするので控えている次第。
ということで、だいたい黒ゴマと白ゴマが常備なんである。

で、ラーメン製法を確立したのでちょいちょいラーメン作るわけだが、すりごまを入れたいわけですよ。
そばでもそうだが、胡麻そのままだとどうも今ひとつ納得がいかないわけでして、麺類のスープに入れる時にはすりごまにしたい。
が、胡麻をするものがない。すり鉢くらいありそうなものだが、見かけた記憶が無い。まぁ真剣に探したわけでもないのだが。
胡椒や塩のグラインダ/ミルならいけるかもしれんな、と思ってはいたものの、粒が小さすぎとかでダメだった時のことを考えるといまいち購入に踏み切れない。

そんなわけで結構長くすらない胡麻を使い続けていたのだが、昨日進展が。

続きを見る

にんじんしりしり

数日前のことなのだが、”にんじんしりしり”作成に挑戦した。

先ずは人参を千切り状態に。
おろし金っぽいやつを使ってゴリゴリ千切り状態におろしていくのだが、この行為が”しりしり”であるらしいぞ。
包丁で切り刻むわけではなくガシガシおろす感じなのですぐに1本完了。

しりにんじん

続いてツナ缶登場。3缶まとめて安売りのやつ。1缶売りのものはデカくての。

油が少ない

このツナ缶の油を人参を炒めるのに使うそうなのだが、油少なっ!
まぁやむを得ぬ、ツナ缶油のほか別途油を足して人参を炒める。
人参は細かいのですぐ終了だ。味付けにめんつゆをかけて卵2個投入。卵がある程度固まったら完成。なんとも手早く簡単。

にんじんしりしり

問題は味だが、これほど簡単で早いのに十分うまい。こりゃいいや、安上がりだしな。
ツナ缶がまだ2個残っているので、人参買い足してまたやるべしだ。

ナポリたん

わけあってカメラの外付けフラッシュを手に入れたい。カメラは無いんだがな。
んで手頃な中古品の紹介をうけ、買い受けに出向いたんだが先方現れずで取引できず。まぁ歩いて10分の隣駅だからさしたる損害ではない、が・・・。

せっかく出たので買い物くらいするべし、というわけで、目下1本余っている人参の処理を考えていて見つけたメニュー “にんじんしりしり” をやってみようと思っていたので、不足材料を購入。
だがしかし、卵を買い忘れるという失態。ツナ缶はなくても良さそうだが卵はないとダメっぽいよな。

もう一度出るのも手間だし已む無し、にんじんしりしりは明日に回し今日は別の夕食を考える。
冷蔵庫を見ると、もう相当に古いケチャップが余っている。そろそろヤバげなのでこれを使うことを考えよう。

その他目についたのは、玉ねぎ・ベーコン・しめじの各余りもの/ストック。
ふむなるほど、ではもう数十年食していないスパゲティナポリタンでもやってみようか、と。

続きを見る

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る