Home > 海外行き Archive

海外行き Archive

タバコ型鉄観音

今となっては周囲に知る者が減ってきてしまったが、あたしゃ喫煙者なんである。
ここ台灣での日常生活では数年ほとんど吸っておらんけど、それは”税金が高くて買っておられんわ”という底辺的理由であって、一般的な理由であるところの、健康管理上悪いとか周囲への影響が、とかの正しい理由ではないので、外に出て戴いたりすりゃありがたく吸うし持ち込み制限のキツくない海外への出張の際に時間があったりすると免税店で買ったりもする。

そいで先般深圳へ行ったわけだが、訪問先ではアレよ、茶飲め菓子食えタバコ吸えの歓待を戴いたわけで、そこでおし戴いた。
今回は桃園ではまぁ時間はあったけど、香港に入る可能性があったので免税タバコは買わなかったわけですよ。あそこは”19本”の持ち込み制限があるけぇのぅ。
昨年9月ぶりのタバコは結構効いたわ。

続きを見る

深圳出張 最終日 深圳 – 香港 – 台北

さて最終日。
ひとモメふたモメありつつもなんとか片付け目的達成、員工食堂で昼食を戴いて香港へ向かう。

あたしゃ一度”信用した/信用すべき”人のすすめにはまず何はともあれ乗る。
最終的な評価なぞその後でじっくりできるわ。
もし一発で致命的になる害があるものを勧められたのなら、そりゃ最初の”信用する”という見込みが悪すぎるんであって責任払いだ。
というわけで今回の員工食堂も、いかにもなイマイチ見た目だが食わにゃ美味かったこともわからんかったし、この辺では外の食堂のほうが害がありそうなモノだったし、戴いてよかったと思っておるぞ。油がいかんようでかなりもたれるが、それは”最終的な評価”の一つでしてな。量を食わないようにして抑えた。

まずは最寄りの地鉄駅に向かうが、そこまでは社用車で送ってくださるそうで。タクシー呼ばずに済んでありがたいですわ。

続きを見る

深圳出張 2日目

大陸滞在2日目。

そこはそれリゾートホテルなんで、しっかり朝食コーナーがありまして。
小奇麗だし人数も少なく荒れていないので利用させて頂く。

続きを見る

深圳出張 台北 – 香港 – 深圳 – 東莞

まー実はとっくに帰ってきているが、出張初日のエントリ。

ひとまず桃園機場。
新台幣は外に出ると圧倒的不利で大損するので、港幣か人民幣を買っておこう。
まぁ実は龍崗や長安なら不利ではないレートで新台幣から人民幣を買う手段は持っておるが、今回香港に入る可能性も高いし。
港幣は以前の残りが100ちょっとあるし極力早く出てしまいたいので、人民幣にしておく。額は1000で良いかな、と。

あとはまぁ特に何事もなく香港赤鱲角國際機場に到着。

続きを見る

深圳へ

毎年のことではあるが、1月も別に正月的なことはなく1日午後から通常稼働。いろいろ火急の件をこなして先週末、深圳行きの指令が。

土日を除くと1.5日後と急だが、フライトとれてしまったのね。他の諸々を考えるとキツいが、行ってくるわさ。

続きを見る

超久しぶり更新

開きも開いたり2ヶ月以上エントリ無し。
いやはやとにかく異常な忙しさで、たとえとかじゃなく本当に寝る間も食う間もない状態なのだわ。
食事は9:00-22:00のどこかで1日1食、入浴は3日に1度が精々、睡眠は不定期に平均1日3時間、という感じ。
薄汚ねぇわ臭ぇわ奇妙な痩せ方だわで、外に出ることも出来ず出るのは犬の散歩のみ、それも深夜で週に2回程度。

そんでも仕事の都合で、3月と4月にそれぞれ1回ずつ、東莞と成都に出かけた。その間だけはヒトらしい生活は出来たんだが。
というわけで本拠台北にいる間は基本的に仕事しかしない状態だったので、挙げるネタもないわけだな。
しかもこんな状態じゃ当然体が持つわけがなく、ぶっ倒れたりもしていたのでますますエントリどころじゃないわけで。

一応、これら2回ずつ2カ所の大陸出張をごく簡単に記しておくかな。

続きを見る

北京からの帰国 → 民國102年春節

2月3日の北京以来更新無し。これは帰国直後から体調ぶっ壊れでエントリどころではなかったからってな感じで。
ということでまずは最終日、板橋帰還までを記しておこう。

2月1日夜 – 2月3日の宿は空港に近く、空港までの無料シャトルバスがあるそうなのでこれを使ってみる。まぁバスったってもちろんワンボックス車だが。
出発便は15:30北京首都機場出発なので、充分すぎる余裕を持って12:00に出発。雪と視界不良で事故とか数件見かけつつ12:30に首都機場到着。

KAコードでCAフライトだがNX機材、などという今回の行程の実績からすれば絶対にトラブりそうな内容だが、搭乗便のカウンタはCAカウンタでしっかり示されていた。まぁここまではOK、うまくいきそうにも思える。
が、そうはいかない。今回はとかくいろいろダメなのだ。
30分ほど並んで手番が来てみると、
「天候(雪)要因で1:20の遅れで香港での乗り継ぎに間に合わないのでKA(港龍航空)のカウンタで相談するように。」
ときた。あーまたこれだ、たらい回し。コードシェアだの機材流用だのやるのはともかく、事情の変化に対応できずに利用者を振り回すならんなことするべきじゃないだろ。
別業種から見れば非常識とはいえ彼等にとっては何ら非常識ではないので言っても無駄、やむなくKAカウンタへ。
すると、14:00出発のCX便に振り替える、と。この時点で13:00。パス出せとかe-ticket見せろとかやたら「早く早く」と煽られる。なんなんだよもう・・・

んでさっさと搭乗に向かうのだが、この首都空港、出国イミグレの後に手荷物検査。なんだこれ。
そして手荷物検査でいろいろ没収の憂き目に。盗られたものは、
– 携帯電話用パワーバンク(電池切れの予備外部バッテリ)
– 上着
始めは靴も没収されそうになった。靴は東京や香港でも引っかかったことがあるが、脱いで別に検査を通して通過したことはある。が、北京では没収だとさ。
香港・台北でずっと靴無しで動かすつもりかよ、勘弁せぇよ、とごねること15分ほど、なんとか靴の没収は免れた。
上着はまぁ、香港も台北も必要ないので諦め。パワーバンクも靴没収を免れるため供出。賄賂と思うしかないな。
出国が終わった後だから、ボーディングパス発行カウンタに戻って預け荷物にすることも出来ないわけで、いろいろ稼ぐために出国後の審査にしているのかな、とも思った。
ごねて切り抜けられるのはどの国でも一緒だな。ワシは成田でも問題ないはずの品物にいちゃもんつけられて騒動に近くなったことがあったな。確か過去エントリにも挙げた。

まぁ損害は大きかったが一先ず搭乗。が、なかなか飛び立たない。特にアナウンスもない。
んで、結局飛び立ったのは3時間後。皆良く耐えたな。
しかしだ、香港到着は20:15なんだな。もう飛び立ってるじゃないか。振り替えの意味なし。
で、どうすんのかと思ったら降りたとたんに「乗り継ぎ失敗者はこっちだー!」とか八百屋や魚屋みたいな呼び込みしているんだな。
それに乗っかって進むと折りたたみテーブルに発行済みボーディングパスがばらまかれていて、それぞれ渡されたり自分で見つけて持っていったり。もうなんか年末のアメ横以上の大混乱になっている。
そしてワシに割り当てられた便は21:20発。桃園到着は23:00頃、バス乗り場到着は23:30とすると、すぐ出発するバスがあったとしても永寧站到着が24:00。最終MRTにギリギリじゃないか。うむむ、今夜は帰れないかもしれんな。
などと思っていたら、更に出発が遅れて22:30発。こりゃもうダメ。

桃園到着は24:00。バス乗り場に着いたのは24:35。板橋站まで行って歩いて帰ろうかとも思っていたのだが、終バスは売り切れ満員で乗れないとのことで、桃園での夜明かし決定。
空いている出発フロアのシートで始発バスを待ち、結局朝6:00に板橋オフィスへ帰還、そのまま仕事。しかしその日の午後から体調を崩し、今に到る、と。
いやもう深圳出発以降、全てが滅茶苦茶だったわ・・・

そんなわけで今年の春節はすっかり寝春節、療養に専念している次第。まぁ春節でも仕事は休めないので”専念”でもないんだけど。
でもなかなか治らないのだよ。

続きを見る

天候 雪

今朝は朝から雪が降っているのである。

北京は降雪

うむむ、フライトは大丈夫なんだろうか。
北京 – 香港 : 15:30 – 18:50
香港 – 台北 : 20:00 – 21:35
てな予定になっているので、遅れたりすると台北に着けないと思うぞ。

気になるがとにかく首都機場に行かねば。思いっきり余裕を持って12:00に宿を出る。空港はすぐ近くだから12:30には着くだろう。

大陸出張 6日目

今日は1日自由時間。業務Mailがたまっているから自由時間にしたくないのだが、Mailの送受信がうまくいかないのでやむを得ない。かなり焦燥するし帰国後にものすごく大変だが・・・。

ま、ともかく自由時間にするしかない。寒いわ空気悪いわで外出したくない気もするのだが、せっかく来たんだし他のことが出来るわけでもないしなので観光に出かけてみることにした。出張期間に観光が入るなんて何年ぶりだろう。最後の記憶は移住前の9年前、台北出張で挟まった土日に鹿港へ行ったことだな。

続きを見る

香港滞在 追加分

おっとそうだ忘れていた。一昨日の香港滞在の追加があるんだ。

まぁ基本的に文句たらたらでつまらないんだけど。メモだ。

続きを見る

1 / 512345

Home > 海外行き Archive

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る