Home > 模型 Archive

模型 Archive

ドヨホオ

昨夜は要介護老犬が頻繁に起き上がり徘徊するので介護者としては徹夜である。
まぁ前の晩は不眠にもかかわらず珍しく寝られたので割とヨユーっち。でも一応寝ておこうと思い、眠剤抜きで缶ビール飲んでみている。飲んだら寝てみよう。

さて模型に関しては前回、秋月(元キットは初月)建造としているのだが、実はその直後に大淀(1944型)を手に入れているのですわ。
秋月はかなり思い入れのある艦なのでちょいとオプションパーツをつけようかと件のじいちゃんの模型屋で漁った時に、うっかり大淀がNTD420で売られているのを見つけてしまってのぅ。
良心価格の店とはいえ同クラスの艦(箱サイズは同じ)が軒並みNTD600以上のところ、NTD420は破格というもの。おっつけ収入があることが決まったこともあって買ってしまったわ。

ほんで早速秋月前のトレーニングとして組み始めたのだが、軽巡とはいえ巡洋艦となるとなかなかの手応え。春節を経ても艦橋が出来上がったくらいで止まっていたのだが、この度漸う竣工である。

大淀1944年改修

うん、万トンクラスとなると1/700でも結構デカい。全長30cmくらいある。

大淀もかなり好きな艦だし秋月に向けての練習ラウンドということで、キットにない手すり・梯子・空中線を追加してみた。
空中線は0.1号極細ハリスだ。うんげー高いんだけど張りやすかった。昔ナイロンテグスで挫折したことがあるが隔世の感ありだな。
細すぎて見えづらいのでバックを真っ白にしてみる。

空中線配置

こうなっておる。結構省略したが、空中線張ると随分締まる。こりゃいいや、材料がそらもう高いんだけどな。

さて、続いて秋月にとりかかるぞ。ディテールアップも大淀同等に施すぞ。
んで2隻で慣れた実績をもって、取り置かれている利根に取り掛かりたい。

もう朝だが寝ようと思っていたのに、また婆様が徘徊を始めてしまった。寝付いたと思ったのに・・・

秋月の空

10月末に磯風を竣工して以来、資金も時間もなくちょいと休止していた1/700建艦だが、わずかばかり資金もできたし外出の帰りに模型屋を通りかかったしなので、次なる建艦にかかることにしたぞ。

立ち寄った模型屋は龍山寺のじいちゃんの店。今日は店にでていたのはじいちゃんじゃなかった。時間のせいもあるかもしれん。
さて、何を作るか。
できた資金は僅かなので、巡洋艦以上には手を伸ばさぬ。大淀や利根はやりたいが、綺麗に作るには手先が熟れていないこともあるしな。
まぁやはり駆逐艦か潜水艦で。潜水艦は伊400, 伊401があってかなり惹かれた。
でもなんだ、潜水艦ウォーターライン模型は簡単なのでちょっと金銭的余裕がある時に揃えたい、という感じ。なので今回も駆逐艦でいきましょ。

続きを見る

海を作るの巻

先日ピンセットを買いに行った雑貨屋で、3m対応の長い突っ張りタイプの伸縮棒を見つけた。
現在寝泊まりもしているオフィスのベランダは2.2mなのだが、突っ張り棒は1.8mとかなのでダメだったのだ。
しかしこれで対応できるので早速購入。

しかし外に干すとハンガーが動くので、押さえるクリップがほしい。
対応できるピンチが近隣にないので、昨日ドリルビットを買いに行った際に、39元均一を謳いつつNTD39を超えるものも多い変な店DAISO(大創)にも寄って買ってきた。

そのDAISOで、なんかたくさん朝鮮文字の書かれた展示ケースを見つけた。これはNTD39。
ちょうど先般竣工の陽炎が入るサイズなので、磯風の分も合わせて2つ買ってきた。

ベースが黒の透明ケースなのだが、せっかくなら海面を用意して飾りたいところですな。
そんでちょいと、海面構築を考えてみた。

続きを見る

ゼカソイ

“磯風”も竣工である。

笑っているうちにやめような。

“陽炎”で勘を取り戻した分わずかに出来が良くなっている。

続きを見る

ピンセット

前エントリに続いて。
現在1/700″磯風”建造中で道具は仕事用のものを使っているのだが、やはりよろしくない。
ニッパーやナイフ、精密やすりやリューターなどは良いのだが、ピンセットはいかんで遺憾。
接着剤や溶け出した塗装が先についてしまい、仕事で精密作業をする際に影響が出そうだ。

やはり遊び用は別途用意すべし、と考え、犬散歩の際に近くの市場の雑貨屋に出向いた。

続きを見る

吉欣模型訪問

以前触れた”吉欣模型”、行ってみましたよ。帰りに龍山寺で線香上げてきた。

建物は倉庫かガレージのような感じ。構えも小さい。品揃えは多くはない。萬年大樓の在庫豊富なほうと比べると半分以下。
この店が”有名”な理由は、たぶん店主のせいであろう。
おそらく親子であろう大老闆と小老闆がいるのだが、大老闆がとかく話好き世話好きで、そらもうガンガン話しかけてくる。
ゴリゴリ話すだけに知識もあり、ほしいもの必要なものを選び出す上で有用なんだが、一人でじっくりゆっくり考えたいんだがなぁ、という向きにはウザいかも。
あと、珍しいことに商品管理が良い。模型屋なんぞは日本でも古いキットは日焼けしたりつぶれた箱だったりするのが当たり前だが、ここの商品は古いものでも新品っぽい。
(特に年少の)客が手にとって選ぶ際も、丁寧に扱うこと、箱の角を持ち傷めないようにすること、など突っ込んでおる。
ウザいっちゃウザいんだが、これは有用。よく大型部品が反っていたりするが、こうきっちり管理していればそういう問題も減るだろう。
あと、アフターパーツ(ディテールアップパーツ)と便利小物が多かった。萬年大樓と併用がよさそうだ。

狙いの坂東太郎”利根”はここにはあった。買いはしなかったが。
いつ買うかわからん、というのに、取り置いてくれるんだそうだ。良いのかのぅ。

ともあれ今は隙を見て”磯風”を建造だ。
ところでこの磯風、組み立て検討中にちょっとがっかりなことを見つけた。

続きを見る

フロゲカ

陽炎、ひとまず完成しているのであります。

やっと会えた!

この時点では忘れているが、このあと軍艦旗もつけた。
空中線は諦めたというか保留というか。理由は2つ、
– マストの固定が弱く、線張りに耐えられない感じ
– 空中線に適した材料がない
そのうち余裕ができたら、アユ釣り金属ラインでも手に入れて、エポキシか何かでマストをしっかり固定して張ってみてもよかろ。
舷窓をつけるかどうかは迷っておる。やるなら艶黒あたりで点々を打つつもりだが、大きさや位置ずれが気になって。
これは1941版だし、開戦以降は舷側の艦名を消して窓はふさいでいたらしいから、このままでも良いかとも思っておる。

続きを見る

萬年大樓4樓再訪

前回の萬年大樓での模型下見からちっと考え、駆逐艦で行くことにした。
塗料の種類が3,4色で済むので安上がりだというわけで。
さらに昨夜、折よくなのか折悪しくなのか知人から「ずーっと前のことだけど、立て替えてもらっていたNTD2000返すわ」と2000元受け取った。1年近く前の飲食代のことらしい。正直もはや記憶にないわ。
そんなわけで資金もできてしまった。
まぁそんでも買う決心はつかずだったのだが、今日午前にカレンダーチェックをしていたらどうやら明日は日本は休日らしいな。
直近、仕事は日本に投げた回答などの応答待ちばかりで、明日は台湾の取引先および日本以外の国への対応の予定が全くない。
うむ、ならば休日にして船作るか、と考え、買うことにしてしまった。

16:00まではオシゴトして、それから西門町へ。

続きを見る

萬年大樓4樓

今日は午後から外出。
場所は忠孝敦化站から数mで、台北近隣の外出ではオートバイ自走が多いが板南線でDoor to doorみたいなもんなのでここは捷運が圧倒的に便利というもの。なんか曇っていて雨も降りかねないしな。

で、用事が終わって帰途。
駐輪場所を探す必要もなくサクッと萬年大樓に行ける機会だし、延び延びになっている模型屋参りをしようと思い立ち、西門站で降りて久しぶりの萬年大樓へ。

続きを見る

西門町に行かねば

昨日まで24時間体制休日返上で仕事して何とか片付け、日本にデータ転送。
今日はそれらで何か応答だのがあるのではないかと待機していたのだが、なーんもない。
今日は日本は祝日休業なんだな。ちとがっかりである。

そんで今日は普段なかなかできない総務作業とかしていたのだが、記帳士からの指摘でちっとヤヴァい手続き漏れが発覚。うぬぬあす緊急対処せねばのぅ。
まぁ経営上の一大事ってことでもないんだが、ワシ個人としては一大事クラス。きっちり処理しないと。

そんな焦りとかあったせいで、貴重な空き時間アリの日にやっておくべきことを忘れてしもうたわ。
Drone利用システムの設計の仕事があって、そのDroneのデモ模型を作らねばならない。ベースにするDrone模型を西門町で買ってこようと思っていたのにうっかりチャンスを逃してしまった。
明日11:00くらいまで様子をみて、外出できそうなら明日行ってこよう。

なお、Droneといっても規制の関係で無線や自律飛行ではなく、ひも付き飛行だ。これが却って厄介だったりする。
模型で組みつつ制御を考えていかないとならん部分もあったり。

せっかく久方ぶりの模型屋なので、趣味のプラモデルも買ってみようかのぅ。もう模型が趣味とはいえないくらい長く離れているしの。
また来週日本には休日があるので、待機時間ができそうだし。

1 / 212

Home > 模型 Archive

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る