Home > 雑記 Archive

雑記 Archive

読解力ねぇ。

読解力があかんとか。

うん、日々実感しておりますよ。
上記引用の通りこういう輩は自分の読解力がないとか毛頭思わんので、よくワシの日本語力がないものとされる。ホントもう正直日本との関わりが嫌になるくらいでなぁ。
読解力だけじゃなく綴るほうもダメだよなこの手合は。概して意味の取れない超短文を投げてきて「オマエ日本語通じないな、さすがバカの在外だな。」とされる。
独自文法の”自分語”で投げてくる輩も居るな。つくづくまいるわ。

ま、字にしろ絵にしろとかく書くことを嫌がる風潮だからこうなるのは必然みたいなもんだわな。
あと、何故かメディアの使い分けを嫌がるのでSNSなど向けの一言ですべてをこなそうとする無茶も効いているだろうな。

よくこの手のネタで「最近の者は・・・」とか「某業界では・・・」とか「低学歴は・・・」など出てくるが、んなもん関係ないぞ。年齢学歴職種職格関係なくダメ文章のやつはダメ文章だぞ。
むしろ、会社代表とかエラい人にこそダメ文章野郎は多い感覚。要は日常文章に触れていないから使えなくなるんでないかのぅ。

まぁあれだ、やがて助詞とかなしで意思疎通できる文法が出てきて標準そのものが変遷していくんじゃないっすかね。
ほんの200年前の黄表紙とか見ても文が奇怪なのと同じだろう、と。

そんなわけでもちろんこういうのは日本語だけではなくて、他の言語でもよくある。
ワシが体感して語れるのは中文(台灣國語)だが、US英語とかでも小耳に挟んだこともあるしむしろ英語ではより一言化が顕著に見えたりする。

E-mailの使い方

過去何度か挙げた覚えがあるが、超短文Mailについて。

Mailは手紙・信書の代用という意識があって、Mailを使う場面では、
– しっかり考え、まとめて述べる
– 何度も往復させるものではなく、理想的には1件1往復で済ませるべき
こんな意識で使っておったわけですわ、長年。

使い分けるべき、と思っておったわけですわな。

Mail : 手紙の代わり。時候の挨拶など流石にいらんが、記録としても重要なので顛末経緯はしっかりまとめるべき。
SNS等 : 会話の代わり。一言や短文でやり取りを繰り返してすり合わせるので記録としては重要ではないため、反射的に書いてもまぁOK。
電話 : “言った言わない”を問わない場面で使うが、短時間とはいえ強引に先方の都合を抑える手段なことは要注意。

こんな感じで、通信手段は使い分けを意識していたり。

まぁしかし近年、雑なタイトル、或いはタイトル無し本文一言とか、添付ファイルのみ一切説明無しとかのMailが半数に及ぶわけでして。
これはもう意識の仕方の主流が変わっていると思われますな。そこでワシも時流に乗るべく考えてみる。

続きを見る

ΗΑΜΑ寿司

ちょっと前のニュースで見かけたのだが、日系回転寿司屋が農安街近くの中山北路にできたらしい。
現在プレオープンで、9月24日から営業だとか。

* 以下、思いっきりディスっとるので要注意。

続きを見る

ゴミコメント

かなり以前のいつぞやに、徹底システム強化でゴミコメントを、見る限り完全にトラップに掛けるようにしたので表には出てこないんだが、普段は数十 – 数百/日のゴミコメントが押し寄せるんである。
以前、.twドメインだった頃にものすごい閲覧数になり、その勢いが.jp移行後も続いてスパム屋に狙われるらしい。

ところがここしばらく2ヶ月近くか、ゴミコメントが途絶えていたのですわ。
ちょうど犬が動けなくなった頃からだったので、わずかとはいえイラッと来るネタが減ったのは助かった。

しかし今週、久しぶりにトラップにゴミがかかっておった。
内容はいつもの偽物売り、ヴィトンポーチだと。
IPは110.83.42.21、大陸だねっ。

99%以上大陸だからなぁ。多分時々ある金盾の締め付けが長く続いたんだろうな。
今回かかったのはなんと1件だけだったので、もしかするとココを狙うのに飽きてくれた可能性もある・・・かな。
以前の強化で選別には注意したので、ゴミではないコメントをトラップしたことは(おそらく)ないんじゃないかと思う。
量が多すぎてチェックせずに破棄しているので、混ざってしまった可能性も有るのが気になる。なので攻撃に飽きて量が減ってくれるととても有難いんだが。

様子を見て、また大量に押し寄せるようになったらちょっとMeta情報に禁止単語でも入れてみようか。
とくに多い発信元のうち大陸と半島はそれでいくばくか効果があるかもしれないが、ユーラシア北端は何を書いたら効果があるんだろうな。

 

そうだな

今日は春節、初一。
ま、例年の通り國暦正月には「台湾在住なんだから稼働しろよ」とされ、農暦正月には「日本人なんだから稼働しろよ」とされるので夜間以外はなんら正月な実感はないが。
でも挨拶など周囲に払うべき礼があるので意識だけはしておる。

んで、ちょっとわからん問題が出ているオシゴトが2つあり、どうせ不眠で薬使わにゃ寝られないので、薬を飲まず今日は24時間稼働。
折々起こる待ち時間にニュースなど見ていたら、珍しい見識のインタビュー内容を発見。

続きを見る

理解できんけどすごい

今週は1日おかず市内へ買い物に出かける状態であったので、食事も殆ど外で食べる状態であった。
昨日の夕食も市内の食堂だったのだが、出てくるのを待つ間にそこのテレビで
“日本の市井で「(大陸)中国に好感がない : 8割、朝鮮に好感がない : 6割」という内閣府発表”
というニュースがあった。これだな、きっと。

* すでに臭っているが、以下また日本語で記すには危険なこと記していますよ。ワシ日本域外で周囲が南北朝鮮嫌いで(原理的には)大陸と紛争中の環境に居るので偏りはあるやもしれんよ。いや、あるよきっと。

続きを見る

刺身の厚切りとか・・・

以前記したことがあったと思うが、当地において刺身といえば”ブツ”である。
当初数年は単に道具が合わないとか技術が拙いとかなのかと思っておったが、板橋のそこらにある『日式』料理屋でもいまや道具も技術もそれなりなので、まともなうまい刺身が出せる素地はある。魚は当然OKだし。

ではなぜ、刺身を称しつつブツばかりなのかといえば、うっかり適切な厚みにすると「あの店は身が薄くてケチっている」などと無知な悪評が立つから、なのである。
飯時にはやっているかどうかでうまいかどうかを見る傾向だし、うっかりそんな評判を得てしまってはかなわん、というわけでモゴモゴするほど厚いブツが出てきてしまうことになるわけだ。
実際、魚まるごと注文や持ち込みの魚を捌く店、たとえば庶民的なところで快炒店であっても、そういう魚を刺身に指定すると『刺身』が出てくる店も多い。

その前提をもって、下記。
Gigazineなるところのエントリ。いや、ニュースらしいので記事か。

厚切りの刺身がたっぷり食べられるタカマル鮮魚店2号館の「タカマル定食」を食べてきた

厚切りだとうまい、素晴らしい、的な感じなのだが、刺身としては厚くちゃうまくないはずだと思うな。
うまいんだとするとそれはその魚自体が良いのであって、適切な刺身に調理すればもっと美味いんじゃないかねぇ。

そういえば今年は2月から6月まで東京張り付きだったので屏東鮪魚季を逃した。
今はカジキか。南東部でカジキブツが食いたいのぅ。

まぁ日本はこんなもんだろ

思いっきり流そうと思っていた2件なんだけども、今夜おりしもちっと楽しみで行った飲食会でいやな酒の飲み方を強いられてしまったので、勢いと鬱憤晴らしであげてしまうことにする。

ということで、一般的な国粋主義の方(自覚はなくとも普通は国粋主義)はここで切って下されませ。

続きを見る

So Far from the Bamboo Grove 日本語出版

“So Far from the Bamboo Grove”が、20年近くも経って今更だが日本語で出版されるらしい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 [単行本]

6月末リリースだってさ。
陸軍兵士の吉田なんちゃらが捏造・創作として出した本(初めは事実として出したらしいけども)の影響で南韓が騒ぎ出した時期だから、日本で出版しなかったのかもしれんね。
南韓としては、日韓基本条約で終わってしまった利益がこれでまた得られるわけだからそら騒いでおきますわな。正しくはないけど当然だろう。
捏造・創作が基なわけだからろくな証拠等はないわけで、騒いで押し切るのも当然。ゲッベルス流ですな。

読後に胸くそ悪いかもしれないけどエスケープアクションとしても面白いから、読んでおくと良いと思う。
日本としては、南韓が”当事者の証言”で押す戦術で来ていることから、同じレベルと土俵で”当事者の証言”を持っておいても良いんじゃないかな。
ついでに、なんで併合で日本領だった南韓が戦勝国を自称しているのかとか、なんでライダイハンが大勢いるのかとか、なんで南韓が”パクリ”・”迎合”・”不遜”文化といわれるのか、とかも分かるぞ。

雑記

今日は日中、地震があった。小さい地震は多いが今日は少し大きめだったな。震源は南投仁愛郷深さ10kmマグニチュード6.3だそうだ。十数年前の震災に近いな。2名死亡1名不明21名負傷、とのこと。
雲林では震度6だったそうだが、ここは3だったらしい。
17階なせいか、揺れ方がゆーらゆーらする感じでかなり気持ち悪かった。が、特に被害は無し。

昨日・今日と、他社”中華タブレット”サンプルの設計品質検査をしてみた。
“中華タブレット”だが韓国企業の製品で、日本への出荷実績も多く期待できる、との紹介触れ込みがあったのだが、ダメである。
「サンプルは採用決定のための重要なものなので、量産同等、或いはそれ以上の完全な品質で出荷するように!」と厳命したにもかかわらず、
– 外装が傷だらけ
– Wi-Fiが不安定
こんなもん売れますかいな。やっぱ所詮中華タブレットである。
この商売を続けるなら、早く完全な社内開発設計製造体制を作らないとなぁ。

昨日見つけた産経の記事、

「大人は子供に謝れ」、性犯罪多発で中国紙

今更何を。このBlogを始める前からワシの中国人友人知人は殆ど「我が子は学校に行かせたくない。香港など海外か、せめて私立校に行かせたい。」と言っておったぞ。

紫蘇と水菜は、既存の紫蘇はほとんど成長しないまま。ダメっぽいぞ。
水菜は発芽して成長中、ようやく本葉が出そうになっている。紫蘇のもう一鉢は、ようやく発芽して芽が見えてきたところ。
なんでダメなんだろうなぁ。

1 / 1412345...10...最後 »

Home > 雑記 Archive

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る