Home > 日本行き Archive

日本行き Archive

東京出張

9月27日 – 10月1日の行程で東京出張が決定だ。
今回の行き先も東京板橋。板橋から板橋の3000km行程だな。

今回の目的は、以前挙げたとおり9月28日の顧客訪問会議と9月30日の母一周忌。9月27日と10月1日は完全な移動日だし、9月29日は休日だ。
出発までの余裕もたっぷりだし、到着後も余裕たっぷりだな。せっかくなのでつみれとかからしとかラーメンスープとか本とか、いろいろ買い込んで帰国したい。

フライトは先程、松山 – 羽田を予約。数回ぶりに桃園出発を避けられた。
東京での宿泊は未定。板橋訪問だから池袋とか大塚あたりの安宿が理想だな。

なおこの後、10月13日に香港・深圳出張までが決まっている。こっちの目的は香港電子産品展参加と深圳オフィス定期訪問。

一周忌法要とかしてみる

母の死亡が昨年10月2日なので、そろそろ1年経過だ。
うちは別に仏教徒でもなく個別の墓があるわけでもないので仏式の緖法要は不要なんだが、母一族は仏教徒でもないのに仏式に拘るので一周忌とか重要な感じ。
妹としては「位牌もないしやらんで良いか」という考えではあったもののやはりやっておきたいと思っているそうなので、うちには位牌があるしやっておくべし、ということになった。

本式には10月2日午後に挙行すべきなんだろうが、ド平日に参加者を呼ぶなぞ無理というもの。
そんで、ちょっと前にする、という慣例から9月30日に執り行うことにした。
会社には売掛金は結構あって以前より調子良いが、ワシ自身は未だ極貧。私費で渡航は無理があるので9月末の板橋顧客訪問打ち合わせを絡め、出張+週末休日、という日程でワシも参加することにさせて戴いた。”施主”なるものをやれとのことだ。要するに主催者のフリをして挨拶とかするらしい。実際の手配は全て妹がやってくださるわけなのだが。

そんなわけで予定としては、

9/27 移動
9/28 顧客訪問
9/29 休日
9/30 一周忌 → 帰国

こんな感じを考えて居る。28日の午後からでOK、と言ってもらえるなら、28日を移動日にして宿泊費を節約したい。
出発までこんなに余裕のある出張なんて、過去にあっただろうか。

東京出張まとめ

6/25 – 6/28は東京出張だったのだが、疲労とか積もっていたし宿泊を一切決めずにふらっと出向いたのでインターネット接続出来ない状態が多かったことがあり、行程中のエントリは無しだったわけで。
まぁ今更東京出張なぞ挙げておかんでも良い感じではあるが、一応まとめて挙げておく。
なお、写真は1枚だけ。

続きを見る

東京出張前夜

明日は東京出張。
最近数回の出張では当日朝にササッと荷物まとめてGo、というパターンだったが、今回は依頼品の持ち込みが幾つかあるので前日準備である。

まずは買い出しと現金準備。
近所の第一銀行で大枚引き出して台北NOVAへ。Nokiaのチャージャケーブルの依頼だ。
仕様が確実ではなく事前に調査して行ったのだが、目的のケーブルはなくトラベルチャージャしか見つからん。先方との連絡もつかず確認できないので、トラベルチャージャとサイズ共通のケーブルをそれぞれ購入。ケーブルは外径・内径と極性を確認したので問題無いとは思うが、仕様に不安があるので両建てだ。ダメだった、んぢゃちょっくら買い直し、っちゅうわけにいかんので。

左のケーブル、以前は『コソピュータのアクセサオリー』とか描かれていたアレのシリーズ物だ。ややまともなカタカナになったようだが、まだ『ケープル』である。
チャージャはNokia genuineではない。Nokia純正品は高すぎで売れないので、NOVAでも3rd party製しかないのだわ。電圧は800mA引いても5.6V出ているのでOK。

今回は、25日移動のみ、26日顧客訪問、27日私用、28日新規・既存顧客各訪問のち帰国、というだんだら模様スケジュール。服の用意が面倒な予定だな。
宿泊は初日のみ、いつもの五反田の安宿を押さえたが、他は未定。カプセル使おうかな、と思っておるのだ。ないと思うがカプセルホテルが高い/空きなし、なんてことになったら漫画喫茶とかも一興。漫画読み倒したろう。
27日の私用では、午前中に姪を見てみて母の墓を見てみる。午後はスケーリングと歯面洗浄。あとは物資調達だ。物資調達は最終日にしたかったが、顧客の都合上やむを得ないのだな。

東京出張確定

前エントリ”味噌”でいきなり触れているのだが、東京出張が決まったのだ。
新北市板橋區から東京都板橋区への出張。

昨日フライトを確定させたぞ。
最近なぜか多いが今回も価格的・行程的に手頃な便がなく、あれこれ錯誤した末に
6/25 JL802
6/28 JL809
これに決定。嫌いなJLだけどやむなし。せめてプレミアムモルツ飲んでやる。

今回は目的が6/26 10:00 – 18:00で果たせるので、フライト都合からきたものだが結構時間の猶予がある。もう一件用件が入ると思うがそれでも余裕たっぷり。
そんなわけで、母の墓参と姪に会ってみることを計画中だ。
訪問先は妹夫婦自宅から300mほど、母の墓地から100mほどと『行きなさい』ばりに至近なので好都合すぎる。

東京での購入物

先日台北に帰れたのだが、予想に違わず帰ってきたとたんに多忙。
出国前に取得完了連絡のあった”日本の警察証明”も未だ引き取れずだ。明日辺りには取りに行きたいな。

今回の東京滞在は相当に長く、休日を挟んだので公機関に行けずに時間が取れる日もあったわけだ。
んでもっていくつか個人的な買い物もしたのである。

鰯つみれ
なぜか台湾には鰯つみれがない。それどころか鰯が売られていない。
んで今回、鰯つみれ6個パック x4を購入。
早速12個使っておでん大量作成。6食分はある。

ホテルチーズ
台湾では牛乳および乳製品が高いので、チーズ好きだが手が出しづらい。
ほんで大きなチーズの塊を持ち帰り。徐々に食うべし。

ラーメンスープ
移住後に捜索し、麺はそこらのスーパーで手に入る”雞蛋拉麵”がほぼ完全なラーメンの麺であることを確認済み。
具材はこっちものでも十分に用意できる。煮卵と煮豚はこっちで一般的に入手できる材料で作ったほうがうまいくらいだ。
しかし、スープはどうにも。
本気で作ればできるのだろうが、商売でもなけりゃそこまでやるコスト・時間が取れないってもんだ。簡単な醤油ラーメンならできるが。
そこで常盤台のスーパーをじっくり見回ったところ、半生麺を売っているエリアで50円のラーメンスープを発見。
ここはガッツリ3種計15個購入。おでんと同日に煮玉子と煮豚を作り、昨日・今日と早速昼食にラーメン食った。


読むものが絶えて久しいので、本購入。
読む内容が目的なので単価を押さえた文庫本。量が重要なので厚手の小説上下巻モノを選んだ。
残念なことに帰国のフライト待ちとフライト中で上巻の半分を読んでしまったわ。何とももったいない感覚である。

次の海外行きはおそらく11月、深圳となりそう。
行く、ということは業務が取れたということになるので行きたいのだが、個人的心情は台湾でゆるゆる南部スクータ行とかそろそろシーズンとなる魚釣りとかに行きたいわけで、何とも微妙な気分である。

東京滞在6日目・7日目

メインの火葬も終わり、あとは片付けとか簡単な処理とか。
昨日は休日で処理類はできないので、母の住んでいたアパートの片付けに手をつける。

続きを見る

東京滞在2日目 – 5日目

5日の日本入国から今日までは、私用多数の他業務をちょいちょい。
今更それを挙げても仕方ないし面倒なので、そっちは今日の分以外は流して夕食だけ挙げておくなり。

続きを見る

東京初日

急遽発生した東京行きの初日。
11:00までは普通に業務。やることはいっぱいでとてもこなしきれはしないわけで、形だけちょっとやってあとはスタッフに引き継ぎ。
あとは東京到着までまぁ普通に。

到着後、税関だ。
前回同様貸し出し見本機13台を持ち込んでいるのだが、前回の指摘指示を元にしっかりガッツリインボイスを作って持って行ったのに、またも500円課税とかいわれた。あきれたもんだなそんなに小銭欲しいか。
いや実際のところ、インボイスなぞ出してもろくろく見ていないわけですよ。
「前回は説明してダメだったので、その際の指示のもとインボイスをしっかり、要点が目立つように作ってきました。とにかく、よく読んでください」
と、今回は無駄な言葉での説明などはしない。
するってぇと担当官、
「いやでもワタシ担当じゃないし」
とかぬかしやがる。担当じゃないならなんで堂々とワシを捕まえてパスポート預かったりしているんだボケ。
で、結局面倒になったらしく解放。何もなし。何も無しってのも困るんだがなぁ。問題ない方法を確定させたいのに。

続いて板橋へ移動。だがその前に池袋で一旦外へ出る。
日本に住民票がなく台湾で外僑なワシは借金の類は日本でも台湾でも一切不可だが、それは移住前に分かっていたので出がけに2件民間カードローンを契約しておいたわけで。それがいくらになっているかの確認。
絶対額としては大きいけど、6年間の日本での生活費用としては、定期的に台湾から送金していたことを踏まえても少なかった。

以上で投宿先、常盤台のウィークリーマンションへ。今回は7泊なので安さ追求したら3100円/1泊が見つかったのでそこに決定したのだな。
着いてみるってぇと、ビジネスホテルより広くて宜しい。
掃除が入らないことと石けんシャンプーの類がないことは少々不便だが、広くて安いのは大変宜しいと思うのだな。

んでしばらく、どうしても対応しておかねばならない業務関連と、明日以降の準備をして、21:30に夕食に出る。
安い寿司かラーメンが宜しいな、と思って外に出たところ、斜め前にラーメン屋があったのでそこに決定。
『武蔵家』というところだ。

白飯は無償サービスだというので、”半ライス”をもらった。
ラーメンそのものは小・中・大とあって、コレは中。結構多かった。
味は非常にうまかった。ただ、卵は魯蛋のほうが遙かに美味い。100円ってことは魯蛋の5倍くらいの値段なのになぁ。
しかし、ラーメン中600円、卵つけて700円なので、こりゃ7日間腹も減らさず快適に過ごせそうである。

さて今日はもう寝る。疲れた。眠いなり。

母死亡

さて当初からの医師の予測通り、10/2 18:00に母死亡とのこと。
結果、6月末にあと2,3ヶ月、と言われて以来、あと1ヶ月、あと半月、と更新されても常に10月初旬は変わらず、見事その予測通りだ。

まずとっかかりは一昨日、9/30かな。
突然痛がり始め、それからモルヒネ投与。ついでに病室移動でナースステーション前の個室だと。
しかしこのときにはまぁモルヒネ投与もやがて始まることだし、個室移動もなんか周囲が騒いでやむなく移動したとかで、医師も「それほど慌てる状態でもなかろ」と言っていたそうで、とりあえずさほど気にせず。
とはいえもうすぐではあるので、覚悟と準備は必要ということで。

で、昨日、10/1。
黒毛舌が出ていて、歯科的にもヤバそう気ではある、との連絡。
一言挨拶のみでもう話すこともままならん状態だとか。
こりゃもうあと数日かな、と思ったわけで。

そして本日10/2。

16:53、心停止との電話。声を聞かせるくらいは、とのことで電話くれたのだが、なんか話せ、っていうのはこういう場面でも難しいもんだな。
電話の向こうの相手の反応はないわけで、やってみるとあれだ、「へーおまえ**語話せるのか、じゃなんか話してみろや」という場面と同じ。
適当になんか話したが、もちろん意味などない。何言ったかも忘れた。
心停止じゃもうダメだな、と思いつつ一旦電話は終了。明日以降の出国について考え始める。

17:02、もういっちょ電話。
10/2 18:00をもって死亡判定、とのこと。まー実際のところ16:53よりちょい前に死んでいたんだろうけど。
あ、時差が1時間あるので、死亡判定時刻はJST、その他の時間は台湾LSTでござる。

業務のほうではかなりの佳境で、しかも来客の予定もあるので非常に離れるのに抵抗はあるんだが、行かねば後処理できないので行かねばならん。
しかもやたらに長くかかっている検討のせいで資産も尽きかけで目下無給の中、異様な円高の東京に行くのも正直キツ過ぎ。入院費や治療費も円貨で積もっているし、後処理費用も円払いだし・・・。
日本に根拠がなく台湾では外国人のワシには借金する術はどうしたってないので、その辺ひとまず猶予をもらい、その間になんとしても受注契約・支払いを受けねば。

ま、ともかく緊急出国手配である。

しかしアレだ、大口受注自体は内定状態なので死ぬ前にドンとデカい額見せて、長年の極貧底辺生活が終了して今後はOK、ってのを冥土の土産に持たせたかったところだが、うまくいかんもんだな。
出国のための諸々準備のためにいろいろWeb検索していて見つけたお話、

母親代わりだった伯母が亡くなった

そうそう、タイミング的にはこんな感じだよな、と思った。まさに『親孝行したいときには親はなし』なのだ。
さて明日からしばらくは、スタッフへの業務引継多数・移動手配・東京での滞在検討・病院後処理・葬儀の類の手配・母の生活痕処理・戸籍対応・金策・などなど大変だ。悲しい云々はそれからにしないとな。

3 / 1212345...10...最後 »

Home > 日本行き Archive

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る