Home > ガジェット Archive

ガジェット Archive

BootCamp → Parallels Desktop

昨年6月の調達当初からUSB周りがダメで何度修理しても直らんMacbook Proだが、再三の修理でも直らんということはもう設計不良だなということで諦め。
– SDカードドライブは使えるときに使う、どうしてもなら比較的不良頻度が低いOS Xで利用。
– 無線モジュール・キーボードは不良頻度が低めなので、症状が出たら再起動。
こんな感じで使ってきた。
まぁアレだ、2014年あたりから同症例はWeb上で見かけるし、Appleのフォーラムにも例がある(信者らしきものに否定されているが)。
問題があることは知っているだろうしやがては直してくれるんじゃないか、とちーとばかり期待をしてはいたんだけど。

斯くして諦めから1年経った現在、どうやら噂によると今後のモデルでSDカードドライブを搭載しないとか。
おぉう、そうきたか。一番高頻度のSDカードドライブを排除することで症状を消し去ろうというわけか。根本はUSB周辺の制御だと思うんだがね、キーボードや無線モジュールもコケることがあるし。
そしてさらにだ、わがMBPはついにSDカードドライブがBootCampでは常時ダメ、OS Xでも3割位ダメ、という状態に。
このSDカードドライブがダメ状態ではBootloaderも状態チェックか何かで待ってからNGを出してからの起動となるらしく、正常なら数秒で出るOSロゴが出るまでに数分かかる。
起動時のキーコンビネーションなど使おうものなら10分とか30分とかかかる。

こりゃもう使えないわ。
ただね、オシゴト上無しじゃ話にならんし、あたしゃ並にも遥かに及ばぬ貧乏なので買い替えとかできないのよ。最低限あと2年は使わんとならん。
電源を切らずに運用すれば、起動にやたら時間がかかるのはまぁ回避できる。でもそれをやるとOS XとWindowsを行き来できないっちゅうことになるのでいかんのですよ。Windowsのみで電源切らずだとUSBコケまくるし、OS XのみだとCADとかツールがなくて仕事にならない。

そこで已む無し、購入前から購入直後に少しだけ検討した、OS X上の仮想マシンにWindowsを入れるという方法で妥協しようかと。
なんでも、最近のOS X用仮想マシンは十二分な速度でネイティブ並のサクサク、なのだそうな。

手元のOS上に仮想マシンを用意する他に、
– Windows機を別途用意し、リモートデスクトップで接続
– VPSサービスを使う
こんな方法もありますわな。
しかし何れも電気代なり月額費用なりが必要なので高くつくし、何よりネット接続がないと使えないのが問題。
日本のようにカネ無し外国人のネット接続に制限がキツいところや大陸のように気まぐれで接続を弾くところで大いに困る。単に回線速度が遅いところもあろうし。
ということで、手元で完結する方法じゃないと困るのだわ。

続きを見る

MBP チャージャーケーブル再補修

以前ポリガンでポリコーティングしてごまかしたMacbook Proのチャージャ”MagSafe2″のケーブル破れだが、やっぱどうにも見てくれが悪いやね。
でもまぁ見た目だけなら我慢すりゃいいかと思っておったが、やっぱ可塑剤か何かの影響でポリが張り付かず補強が甘くなってきてどうにもいかん。
そこでもうちっとしっかりした補修をすべく再検討だ。

続きを見る

MBP チャージャーケーブル破損

iPhone, iPodにしろMacBookシリーズにしろ、Apple製品のチャージャーケーブルはすぐ破れるらしいな。
Web上でも破れた例をよく見かけるし、街の雑貨屋レジ脇に補強用の小物があったりした。

その補強用小物、買おうかと思ったんだがなんとなくパス、数日後にやはり買おうと思って行ってみたらなくなっていたので、被害例は多いんだろうな。変な可塑剤採用してるんだろうかね。

で、我がiPhone・iPod・Macbook Proのうち、Macbook ProのチャージャーケーブルのPC側が先日ついに破れた。
ほんの2,3日で破孔がどんどん広がるので、これ以上の拡大を防ぐべく補強だ。

ポリがモリモリ

ポリガンで破孔埋め+周囲補強。
本当はヒシチューブできれいに仕上げたかったところだが、このケーブルはACアダプタ側もPC側も分解できそうにない一体固定なので、やむを得ず。

なお我がMBPだが、購入時からハマっている内蔵USB機器のスタンバイ/スリープ復帰及びOS起動時認識せず問題は相変わらずである。
内蔵USB機器全般なので、光センサ・キーボードバックライト・WiFiなどが頻々と動かなくなるが、特にSDカードドライブが酷い。
OS Xではまぁまだしも頻度が少ないが、Windowsはもうホント頻繁だし、なにか1つ内蔵USBデバイスが引っかかるとOS起動にえらく時間がかかる(多分リセット待機)のでかなりの不満。

続きを見る

海外無線モジュールの日本電波法認証(TELEC, 技適)取得 – 壱 : 測定準備

Nordic SoC採用の北米製モジュールで設計を進めてPP間近となった段で、やはり日本でも発売すべく日本電波法認証を取ろう、ということになった。
MID(タブレットPC)や監視カメラで過去幾つか取得したが、日本電波法認証はTELECとか技適とかMICとか言われるアレですよ。
とりあえずここでは、以下ワシが普段使っている”MIC-R”(MIC Radio law)と記させていただく。要は技適とかTELECですわ。
“技適”は本来1台毎個別の認可だし、”TELEC”は代行機関の法人名だし、どっちも内容を示せていない呼び名なんだよねー。
なんかこう統一した簡単な呼び名が出来ないもんかねぇ。

続きを見る

海外無線モジュールの日本電波法認証(TELEC, 技適)取得 – 序 : デバイス選定

またまた1ヶ月空いてしまった。初の民生小売挑戦で、出荷処理とか大変でしてなぁ。

ここいらで、商品設計と研究開発の技術屋あがりとしてはなかなかに手こずった認証手配などまとめておこうと思う。
もちろんいつもの自分用メモではあるが、小規模でやりたい方々には参考になる部分もあろうかと思うし、せっかくなのでここでまとめ。日本電波法(TELEC, 技適)のほかFCC/ICもあるし、数エントリに亘る予定。

 

まずは申請云々の前に、ターゲットデバイスを決めなけりゃ話にならない。選んだデバイスがたまたま既認証品だったら申請不要になるし。

続きを見る

新製品発売

突然予定を狂わされ、3時間の空きができてしまいましたぞ。今は予定が狂うのが最も困るというのに。
まぁでもせっかく時間ができたので、半月以上ぶりにエントリ挙げてみる。

予てちょいちょい挙げている、開業後初の直接民生進出である我が新製品、ようよう2月24日に発売しましたのだ。
諸処問題解決で当初予定を3ヶ月おしてしまったが、結果は思い通りに仕上がったと思う。

Tric | iPhone用無線フラッシュコントローラ

iPhone/iPod Touchのみ対応だけど、綺麗な写真を撮りたいとかオークション用物撮りとか環境セッティングに悩むプロの方など、ご検討いただけると幸甚至極。

受注がPalPal決済のみなのが引っかかるかな、とは感じるが、ひとまずこれで様子見。
日本からの受注状況を見て、日本Amazonでの取り扱いなども検討したい。

さて以下は最後の”産みの苦しみ”。
写真とか無くて見た目面白みはないし、苦言とか多いので見るのはあまりオススメできないかな。

続きを見る

Macbook Pro 事始め

6月初めの購入以来、原因不明の初期不良に悩まされ続けどうにも使いづらくてヘイトが募るばかりであったMacbook Proであったが、先般無事解決したわけである。
2日間使ってあの酷い症状は出ないので、これは完全に直ったとみて良いのではなかろうか。
いやホント良かったわ、奇跡と思っておったが現状最良の解決ができたので何よりだ。

ほんで改めて、6ヶ月遅れだが新たに購入したつもりでセットアップを行った。
まぁ大方、事務・出張用PCとして使えるようになったと思うので、ここから改めて使用感を掴んでいくつもり。
というわけで、以下目下の感想なんである。

続きを見る

MBP再三修理完了。

先日修理内容見積もりがあがった3度めの修理中であるMacbook Proだが、今日、っちゅうか日をまたいでしまったので10日 18:00頃に”修理完了”のSMSとMailの連絡が入った。

再々修理結果

I/O boardの交換後、何度も試してSDカードドライブがOKであるとのこと。
SDカードドライブ以外の問題点もあるが、根っこは一緒でUSB周りだと思うので、頻度が高くわかりやすいSDカードドライブの問題が真に解決していれば問題はないと思う。
まぁ期待は禁物なんだけども、先述の通りあわよくば直ってくれる可能性もあるので、いささか楽しみではあるので早速確認に向かいますのだ。

ちっとばかり、本日分の諸問い合わせのまとめやMail対応が残っていたのでそれらを片付け、18:45頃に出発。店は20:00までなので確認の時間を含めても間に合うだろうて。
せっかく光華エリアに行くので、目下の必要資材買い出しも兼ねて買う物リストも持って出発。

続きを見る

MBP修理の様子

日が暮れてしばらく経ち、そろそろ腹減ってきたのぅ、という頃合いでAppleサービス代理よりSMSが。
修理検討が終わり方針決定、とのこと。

んじゃどんなもんか見てみましょうかね。

続きを見る

MBP再修理中

さて再修理に出したMBPだが、さっきなんとなく状況を見てみたらちょいと進展があった。

Logic board交換

はいはい、Logic board交換なのね。前回と同じだ。
部品番号も前回と同じだし、期待は持てないな。おそらく前回の修理上がり、つまり購入直後の状態に戻るだけだろう。

さて、どうするか。
このままいけば来週早々にも修理が上がるだろう。で、その場でWindows入れてみて不良が再発することを確認して即修理に差し戻すことを考えていたが、我らが新製品の電波法認証で東京に行く用事があるんだな。日取りは未定だができるだけ早く、来週にも行きたいところ。
東京には”Genious Bar“があるんで、そこに持ち込んで指摘してみる手もある。
それに、出張にはPCは持って行きたい。一応PCなしでもこなせる用意はしているが、保険で。
修理上がり → 修理差し戻し、をやってしまうと、次に修理が上がって帰ってくるのは概ね10日後。とすると12月も下旬に差し掛かってしまうのだな。
うーん、今回はその場差し戻しはやめて回収してくるべきだろうかのぅ。

どうもOSやドライバファイルを見ると、こっそりダウンロードして修正されていたりすることが割とあるので、実はLogic boardに設計修正が入っていて問題解決、なんて奇跡が起こってくれないもんかなー。
同症状例を当たると2013年初頭モデルが見つかるので3年近く放置されているわけで、まぁ無理な奇跡だとは思うけども。

1 / 3512345...102030...最後 »

Home > ガジェット Archive

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る