Blogサーバ移管 #2-1 サイト引っ越し(さくら→Google Cloud Platform)

いつ終わるんだろうなぁ、などとなにか通知が来るものと思ってのんきに待っておったのだけど、ぢつはドメイン移管が完了してもGoogleからの通知類はないのでした。もちろんさくらからも。
先週頭になんとなくGoogle Domainsの管理ドメイン内容を確認してみたらpotech.jpが加わっていてそこでようやく知った次第。

先週はなかなかの多忙で時間が取れなかったのだが、昨日掃除洗濯を返上で続きをやってみた。

ドメインの方はしっかり移管完了していて、設定なども見る限り困るところは無さ気なので、続いてBlog内容の移転をすることにする。

先述の通り仕事WebpageはAWSで作り慣れてもいるが、今回は折角なのでGCPで。
f1-microがショボすぎて使い物にならなくても、USD300分で1年位もう1ランク上のサーバが使えるみたいだからまぁ使ってみんべ、ってことでさ。

GsuiteやGoogle Domainsで既にアカウントは有るので、GCPのページに行くといきなりもう始まっておる。
もちろんここは”無料トライアルを試す”べし。

国を選んで規約に同意したら、支払いアカウントの情報入力。
Blogは個人のものだがアカウントが会社のもので納税用の統一編號が要るのでこうなる。

これで使用準備は完了。
情報を漁るとどこもまずここで左上のバーガーマークをクリックしロケットアイコンの”Cloud Launcher”を選ぶ、となっているのだが、そんなものは見つからない。
ならば、とAWS的に”Marketplace”を選んでwordpressを検索してみたらそれなりのものがあたったのでこれで行く。

まぁ、これかな、と。無印的な。
ここで”COMPUTE ENGINE上で起動”をクリックすると、1,2分後に設定入力になる。

ところがだ、無料対象のf1-microが無いんだわ。なんなんだ。
そこで戻ってBitnami版にしてみると、

出てきた。なんだかわからん。けどまぁまずはこれで試してみんべぇ。

まぁこれだけでWordpressは起動したんだけど、ここでキッツい大問題。GCPの問題ではなくWordpressの問題なんだけど、さくらでバックアップしたサイトデータを入れるとエントリもページも表示されないという。
この件は別件に挙げるとしてこのままGCPに関して。

んでこのf1-microで立ち上げたWordpressなんだが、ちょっとしたこと、例えばPHPの対応チェックプラグインの動作とかでCPU使用率が100%に張り付いて応答しなくなるというショボさである。
こりゃマズいっしょ、投稿すらまともにできない気がするぞ。

f1-microが使い物にならんことはわかった。しかしだ、ここで1つ上げてg1-smallにするとUSD15くらいになって、AWSのt2.microのほうが安上がりだ。
しかしまーアレだ、月USD15でも20ヶ月は請求されないわけで、g1-small使ってみるのもええかのぅ、と思いたち、再度戻って無印Wordpressをg1-smallで起動してみた。

さてここから上述の大ハマリが始まる。
朝から始めて午前中にはここまで終わったのに、Wordpressの移植失敗が続きまくり既存のさくらサイト壊したりそりゃもう酷い目に会い、日をまたぐまで食事も返上3食抜きでかかったのになんの進展もなし、という・・・
もうダメ、ハーロック殿の言う通り酒でも飲んでひっくり返らねば。
酒はないので飲まんけど、立ち上げた”インスタンス”はWordpressごと消して後日最初からにすることにした。
はー、もーキツすぎがっかり。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください