Home > 台湾生活 > 圧力鍋入手

圧力鍋入手

半年待って圧力鍋を手に入れたぞ。

何故半年もかかったかというとちっとこれは背景がありましてな。

昨年、隣のスーパー全聯で、シール集めてなんかもらえる、っちゅうアレをやっていたわけですよ。

そのラインアップにこの圧力鍋があって、40枚だと+NTDいくらか(4000くらいだったか、完全失念)、80枚で+NTD2000くらい、っちゅうものだったわけで。
しかしNTD200の買い物で1枚もらえるシールを80枚も集めるのはワシにゃ無理っちゅうもの。そんでも結構期間が長かったので40枚位たまり、+費用無しのレードルをもらって終わりだった。
しかし昨年末だったか春節前だったか、キャンペーン終了の頃にエレベータであった近所のおばちゃんが、
「圧力鍋欲しくて80枚ためたんだけど、別口で買うことになったからコレあげるわ。」
と、シール80枚のシートをくださったのだわ。
なんでおばちゃんシートもって歩いているのさ、と思いつつもありがたくおしいただく。

モノの写真と名前から検索してみると当時NTD10000はゆうに超えるもので、NTD2000程度で買える圧力鍋はない様子。
手に入れておくと骨とか筋とかキツいものも食えるようになるし、貴重な時間を短縮できるし、ほんなら手に入れておきましょうか、と全聯にいってみたわけだ。

するとだ、
「引き渡し日は7月28日から8月11日の間です。」
ときた。
すっごいなおい、半年待つのかよ。
おばちゃんがシートくれたのもこれが要因かな。半年も待てるかいな、で別で買うことにした、とか。
しかも、+費用は先払いで、半年後引き渡しOKになっても連絡などくれないんだとか。それもまたすっごいな、オドロキ対応だ。
でもまぁワシ買い物してシール集めたわけでもないし、圧力鍋はあると良さそうだけど直近必要なわけでもないし、ということで引き換えておき、スケジューラに7月28日引き取りを記しておいた。

ほんでもって期日が来たので引き取ってきたわけですよ。

モノはなかなか、しっかりしておる。もはや大昔の、母親の生前どころかまだ家族が揃っていた頃に使った圧力鍋よりかなり良い出来。
圧力鍋としてではなく普通の鍋として使うにも良い感じだ。
しかしなんだ、半年も経つと新機種など出るわけで、既に市価NTD7000くらいになっておったりする。まぁまだ十分お得ではある範囲だし宜しかろう。

コメント:0

コメントフォーム
← a@b.comで十分です
上記情報を記録

トラックバック:0

このエントリのTrackback URL
http://www.potech.jp/pote/archives/2017/07/30-003108.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
圧力鍋入手 from 1.5人 台湾体当たり生活記

Home > 台湾生活 > 圧力鍋入手

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る