マヨネーズ改四bis

今までたまにパンを粉から練って焼いていたが、だいたい把握したので終わりにしようと思う。
得られた結果としては、生地から焼きたてのパンはイーストガスの匂いが濃くてうまいっちゃ美味いんだが、コストパフォーマンス悪すぎ且つ時間かかりすぎ。
既製パンを焼いても準じた美味さはあるので、スーパーで1斤24枚くらいのを買って冷凍でもしておいたほうが宜しい。

そんなわけで節制のため主に朝昼は粥とホットサンドをテキトーに振り分けて済ませておるのだが、マヨネーズがほしいことが多いのでマヨネーズは引き続き作っている。
が、どうもやっぱり以前のほぼ完成状態では不満があるわけで、もう2歩ほど改変を加えてみた。

今の確定分量は、

卵 : 卵黄のみ2
砂糖 : 塩匙4
塩 : 塩匙2
味精 : 塩匙4
マスタード : 5ml
リンゴ酢 : 30ml
大豆油 : 150ml

これで。
砂糖と味精を増やすのは、リファレンスキューピーに近づけるのに効果大。各々塩匙5とかでも良さげ。
酢は少し減量。大差はないんだが30mlのほうがリファレンスに近い感じがする。

この配合だと、マスタードは無しでもかなり良い感じに出来上がる。入れなくても良いかもしれんな。
何より忘れちゃいかんのは、酢を入れるときに撹拌しつつ入れてその後もガッツリ混ぜること。これを一瞬でも怠るとあっさり分離、液状になり廃棄やむなし。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください