Home > カーライフ | 台湾生活 | 国内旅行 | 日本行き > 記事あげ再開!

記事あげ再開!

さてこれまた長いこと間が空いたわけですが。
多忙なのか、というツッコミは戴いたが、まぁ多忙ではないというわけでもないんだけどそれよりも事情アリで記事挙げられない状態に嵌めこまれていたといったところで。
そろそろいけるんではないか、と思われる状態になったので、様子見しつつ再開してみる所存。

事情で挙げられなかったわけなので、ネタ自体はこの2ヶ月余にもいろいろあったぞ。
Facebookには害のない程度にちょいちょい挙げたが、

  • 仕事で頻々と雲林に通った
  • 私用で東京行った
  • 作業場クーラーに続き事務所クーラー逝去
  • 給湯器不調
  • オートバイ逝去

このへんが大きなところ。

雲林通いはちと参った。
“検収は納入者が行うもの”等など常識の齟齬が多くて、5回程度の往復で見積もっていたところ数十回を積み上げることとなり、交通費だけで大出費、ただでさえ受注の経緯からやむなく利益なしでやっていたのでもうそれだけで大損失。

私用で東京へ行ったのは、そんな状態の中だったので主目的は私用であるもののたくさん仕事を組み込み、時間的には2:8で仕事のほうが多いようにして出かけた。
非常に良かったんだけど、いまもう金銭的にとてつもなくピーピーなのでちーとばかり後悔もあったり。

クーラーはねぇ。
作業場のほうは3年前にガス抜けで冷えなくなり、修理にはその前に確認として壁内配管含めて取り外し工事が必要、と大掛かりなことを言われているので放置なわけですよ。
ほんで作業場階下の事務エリアの冷気を扇風機で上に送ったりしてなんとかしのいでいたのだが、ついに事務エリアのクーラーも故障、排水処理ができず水がジャージャー降ってくる。
雨漏り対応のようにバケツで受けて使ったりもしたんだが、すべて受けられるわけではなく壁面を伝う分もあり木材部分にカビが生え臭気と腐敗のおそれがあるし、使用停止。
事務作業は外でやる方法が取れるが、技術作業はなかなか酷な環境ですぜ。以前いたスタッフが作業場に来て「うわぁこれは酷い」というくらいで。
日本にいた頃から人一倍暑がりのワシにはかなりきっつい。が、大掛かり工事に耐えるには時間と資金を用意せな。

給湯器不調は、点火しない(たまに点火する)というわかりやすいもの。
昨冬に同じ状態で点火器を交換し、「1年も保たず再発するようなら、もう古いし全交換の必要ありでしょうな。」と言われているので全交換ですな。
NTD数千・数時間で完了とはいえピーピーの今は苦しいので放置中。でも、夏場だし慣れれば全水シャワーもなかなか気持ちよくて放置はあまり苦ではないな。冬が近づいたら考えようか、というところ。

オートバイはかなり参っているところ。
度重なる雲林通いであまりに交通費負担が苦しいので、NTD300で往復できるオートバイ自走に切り替えたのだが、冷却水系統が故障。
一度修理したものの、破損パイプを交換したが他にも問題残りで「これを直すにはかなり大掛かりなことになる」ということで様子を見ていたところ、ある時行きの桃園手前で不調再発、オーバーヒート状態に。
朝5時で修理屋も開いていないので、とりあえず向かって修理屋が空いたら見てもらうか、と思っていたところ新竹で”ポン”と一発、以後回らず。セル回しても圧縮漏れ。ピストン逝ったか・・・
その日は鉄道に切り替えて訪問をこなし、翌々日に現場放置した”足”を拾って板橋へ回送手配、現在オフィス前駐輪場で待機中。
放置現場近くの修理屋のざっくりテキトー見込みでNTD12000なので、ちーと今修理っちゅうわけにはいかんよ。
でも、都市部以外への訪問とかいろいろかなり差し支える。いや困った。

さてもう一個本題があるのだが、ここまでで長くなったので別エントリで。

コメント:0

コメントフォーム
← a@b.comで十分です
上記情報を記録

トラックバック:0

このエントリのTrackback URL
http://www.potech.jp/pote/archives/2016/08/19-225045.php/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
記事あげ再開! from 1.5人 台湾体当たり生活記

Home > カーライフ | 台湾生活 | 国内旅行 | 日本行き > 記事あげ再開!

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る