Home

1.5人 台湾体当たり生活記

MBP問題再燃 – 問題2点の結果と措置

2年以上苦しんだ前回の反省も踏まえ集中的に徹底解決を目指したMBP問題だが、ひとまずながら毎日これにかかりきり、という状態からは開放となった。
まぁ・・・残念なことにスッキリ解決はしなかったんだけどな。ただ、現状どうもならんというところまでは追い込めたと思う。致命的問題だった起動が異常に遅い件は解決したし、不満はありつつも今後のAppleの動きを注視しつつこれでやっていこうと思う。

以下、上記結論までの最後の2日間の動きと総括。

続きを見る

MBP問題再燃 – 問題2点の確認と対処

まだまだいくよ、MBP問題。

1日目(11/15/2017)

手持ち2種3個のBluetoothマウスとBluetoothヘッドセットを持って、先ずは郵局へ。とりあえず別件、製品試作品の出荷で宛先国入国前に停まっている問題の確認なんだけどな。
まぁこの件は確認ったって正直バシッと回答が得られるとは実は思えん。EMSで出したもので条件CPTだし、出国後は基本情報なしだわなぁ。
とはいえ何もせずにただ諾々と有り様を受け入れるだけってのもね。EMSは”CPTだ”と宣言されているわけではないので、知らぬふりして出荷元郵局に聞いてみるくらいは許されるというもの。ホレだって普通は貿易の(非)常識とか知らないもんぢゃん?
で、一応どうなってんのさと聞いてみたが、案の定「出国済みなのでなんともかんとも」と。そこはやや申し訳ない感覚がありつつも抑えて時間をかけてゴネて、国際交換局経由で宛先国側にも確認を入れてもらい、出荷貨物の情報を得てみてもらうことに。
応答は電話のみだとか言うのでかなり困る。訳あって携帯電話使えんしこれからApple store再訪問でオフィスの電話番もできないし。
まぁでも仕方ない、オフィス電話は着信番号履歴は残るので、戻って確認して着信があったらかけ直す前提でオフィスの番号への連絡を依頼。

そんでこのゴネている間に出る待ち時間でBluetoothの状態を確認してみたのだが、自オフィスでの状態と同じ。
外来妨害とかによるものではなさそうなんだよなぁ。
もういっちょ、郵局での用事を終えてから朝食屋へ移動、豆乳飲みつつ同じくテストしてみたが、同じく自オフィスと変わらぬ。
これならまずもってApple storeでも再現できるだろう。

さて、では今日も行きますか市政府站。

続きを見る

MBP問題再燃 – 交換完了からの別件問題

先週いよいよもって手立てなし、SDカードドライブなしモデルへの交換を試すことになったMacBook Proだが、2週 – 4週を要するという話だったが遥かに早く1週後の13日にMailと電話で「調達完了、1週間以内に引き取りにきなされ」連絡が来た。
うーん、そうねー、普通はぐっと早まるのはありがたき幸せなのかもなぁ。実際ワシもこのMBPが私用のものだったら、おぅやったな、で喜んだだろうなぁ。
でもこれ、おもっくそ業務用で代替機の用意とかデータ抹消計画とかいろいろ予定を立てていたのであまり早すぎるのもねぇ。2週間後に引き取りでOKならそのままいけるが、”1週間以内に引き取り”条件がついておるもんなぁ。予定を繰り上げねば。

んで、急を要する件の中では会計処理の件1件を待ってもらうことで繰り上げ、今日、というか日付的には昨日14日に交換してきた。

続きを見る

MBP問題再燃 – 一部仕様指定とか

今日は製品の定期出荷日。なんかいつもより数倍受注が多くて慌ただしく出荷準備をしていたところ、Apple 台北から電話が。

内容は、交換機を手配するんだがMBP 2015 Earlyは生産終了で手配できないので別Rev.になるとか、SDカードドライブが無くなるのは了承できるかとか。
昨日Genius Barで受けた話と同じ確認ですな。そりゃ言うまでもなく”可”なんであって。問題がありゃ昨日の時点で告げておりまさぁな。

ま、翌日すぐに動き出してくれたのは結構なことでござんす。
ほんで通常業務の出荷準備に戻ったのだが、数時間後にもういっちょApple 台北から電話が。

今度は、手配機の色をどうするか、だそうな。
えー、MBPにカラバリなんてあったか? この銀色だけだった気がするんだが。
「え、なに、他の色があるんですかいの」と問うてみると、「ええ、”太空灰色”と”銀色”が。」と。
太空灰色、つまり宇宙灰。こういった色はルー語がお約束なので、スペースグレー、ってな感じか。
なんかどんな色か想像つかんのでApple Webページの直売ページで見てみると、なんかこう黒っぽい感じな。
正直どっちでもよかったので、「今の2015 Earlyと同じ色で」としたところ、銀色となった。
あと、キーボード。今のブツは時折写真をあげておるとおり英字のみキー。
拼音/手寫派で中文打字用の注音や部首みたいなのとかあっても使わんし、日本語なぞもっと使わん。しかも日本語キーボードはレイアウトが違うので記号がめちゃめちゃになったり外付けキーボードを使うときに厄介だったりするので英字のみなのだわ。
しかし、気遣いなんだろうけども日本語キーボードにするか、というので、いやそりゃ困る英字にしてくりゃれ、と阻止しておいた。

これで一先ず指定終了。再度通常業務に戻る。
が、また数時間後にApple 台北から電話。連打ですのぅ。

今度は日程確認。
手配をかけたが、着荷までに2週-4週かかるのだが了承できるか、と。
まぁこれも昨日1ヶ月ほど要すると聞いているし、少々早まる可能性がある、っちゅう感じで特段問題ないさ。了承で手配開始。

以上であとは電話なし。
動き始めてくれたのは良いのだが、そう度々電話打たれては困りもするんだがな。手が止まる思考が止まる。
ホント皆電話好きすぎだよなぁ。一度大陸か台灣で(携帯)電話網を2,3日止めてみたい。どんな末世末法状態になるだろうなぁ。

MBP問題再燃 – SDカードリーダなしモデルへ交換の方針

なんやかんや半年訪問できず、東京渡航のついでに渋谷で世話になったGenius Barだが、先般の通りついに台北の予約が成立し本日訪問&MBP修理出しである。

15:30ということでApple store台北からも通知が来ているので、10分前くらいに着くように出てみる。
が、市政府站からの時間が思いの外かかる&101Mallに着いてからApple storeまでに5分位要して、時間ピッタリに到着してしまった。

まぁちょうどなら良いかね、なんて思ったが甘かった。やはり”遅くとも”10分前に着いておくべきだったのだ。

続きを見る

キャラメルは森永

今週はとんでも多忙。 こんな中でOpen account支払いの精算やら營業税申告やら輸出関連費用の計算&支払いやらが積まれていて、更に明日から事務用PCが長期見込みの修理に入るという。こいつぁ大変ぢゃのぅ。

で、掃除入浴はもとより睡眠食事の時間もないわけですが、そのせいかどうにも頭が動かなくなる。まぁそこは無理にも動かすのだが、とくに問題のない状態でもなんだかこうボーっとするというかなんというか、アルコールやニコチンが入ったような状態でどうにも具合が悪い。
そこで郵便物を取りに行くついでに、ガムとキャラメルなぞ買い入れてみた。

続きを見る

MBP問題再燃 – 方針に大懸念 & 台北Genius Bar予約成立!

前回の考慮結果を実行できるか確認を取るべく、再度Appleサポート(日本)へ電話ですよ。
しかしその前に、9月のGenius Bar(渋谷)訪問の結果から引き続き対処してもらえないか、という意味で、まずApple Shibuyaへ電話してみる。

残念ながら、
「相談・問い合わせの類は電話では承けられませんでね、すまんね。」
とのこと。やっぱ電話はAppleサポートにせにゃならんらしいぞ。

ほんでAppleサポートへ電話。今考えている方法で完全修理完了までもっていけるか、全点確認。

続きを見る

複合機買い替え

ガジェネタ連投、今回は複合機のお話。
正直別件ネタ挙げたいのだが、ガジェット問題は仕事にも直結するので待ったなしなのでなぁ。

前件の通り複合機死亡でプリンタ・スキャナ・Faxが使えないのだが、会計・貿易などの事務処理にこれら3点は必須。
来月初頭には營業税申告があるのでプリンタとスキャナがないとなかなか困る。
現行企画製品の次期試作でそこそこの数の部品輸入もあるので、税関文書を受けるためにFaxが必要。
更に現在、健康保険料の更新で健康保険署からの郵便物を会計士に即時転送するためスキャナかFaxがぜひほしい。
修理不能な結果が出たし、苦痛ではあるが急ぎ買い替えだ。

以前のざっくり検討ではL565を候補にしたが、レーザプリンタなら用紙2トレイや1トレイ+手差し、とかが割とあるのね。
数年前はレーザプリンタなんちゅうたら機器もランニングコストも高額で我が規模では到底検討に値しないものだったが、今やインクジェットと差がないほどに安くなっているのね。カラーレーザでも機器だけは安い。

そこで方針変更、レーザプリンタを含めて検討だ。

続きを見る

MBP問題再燃 – 対応方法に不安が

前回のMail内容が何ともわけわからんものだったこともあって、早速Appleサポートに再電話連絡してみた。

結果としては、

– Mailは前回電話相談(10月20日)の担当が発送したもの。2分後の通知不可能電話がその担当からのものかは不明。
– 電話相談で対処できる域を超えているので現品を確認/修理する必要がある。
– 台灣内Genius Barか代理商に持ち込むべき。
– 日本で受ける場合、日本内の集荷場所を指定するか日本内のApple storeに持ち込む以外に対処はできない。
– 症状発現の最初のトリガとなるBoot CampでのWindows起動は、SSD内容が無くなると出来ないのでSSDを交換/初期化した場合は再発しないことの確認はできない。

こういうことだ。

続きを見る

MBP問題再燃 – 怪しげな対応

こうなったら長期入院させてでもしっかりガッツリ直したろうと覚悟を決めたMBP、前回はシステムレポート提出のうえで技術回答待ちとしたのだが、予告より数日遅れながら昨日回答があったっぽい。
“あったっぽい”というのは、ケースIDがあるにも関わらず回答には記されていなくて、前回の件に対するものなのかどうかはっきりしないのですな。
まぁでも前々回は渋谷でGenius Barに行った9月初めなのでだいぶ前。まーほぼ間違いなく前回の件の回答でしょう。

だがしかし、内容は何ともがっかりなもの。
担当名もなく定型文っぽい短めのHTMLだし、全文載せちゃうぞ。

続きを見る

1 / 21512345...102030...最後 »

Home

検索
Feeds
Meta

ページ先頭に戻る