外僑永久居留證申請 2 – 良民證

永久居留證の申請ができるようになり交流協会に日本の警察証明を依頼したらいきなり1.5ヶ月待機になってしまったわけだが、先般の東京行き前日に発行されたと連絡があったのだな。
しかしそれから長い東京行き、帰国後は溜まった処理をせねばならなかったせいで今日ようやく引き取れた。

とりあえずこれで証明は取れた。が、続いての作業があるそうで。

1. 外交部に文書を承認してもらう。(NTD400 2日) ← たぶんここで開封される
2. 中文訳文書を作り、民間公証人の公証を受ける。(NTD750 たぶん即日)
3. その他書類と合わせて原文・中文訳文を移民局に提出。(NTD10000 14日)

これで永久居留證ができるそうな。

その他書類で外任せなものは台湾の警察証明(良民證)と健康診断書。
健康診断書はとりあえず後回しで、まずは帰りがけに府中站前の警察局へ。以前居留證切り替えの時に間違って訪問したことがあるあそこだ。
入り口の警官がフレンドリーに「何かご用か」と話しかけてきたので、「良民證が欲しいわけだ」と答えると、しっかり行き先を案内してくれた。いや間違ってきたことがあるから実は知っているわけなんだけども。

んで、早速良民證申請。
申請書は自分で書くものだと思っていたし電話で聞いたときもそう言われたのだが、行ってみたら受付人が端末叩いて作ってくれた。必要なのはサインのみ。
その場でNTD100支払って、3日後に完成とのこと。やっぱり居留地では簡単迅速だな。

というわけで、明日はちょいと面倒な場所にある外交部に行って承認を申し込むつもり。
明後日は健康診断を手配したい。
20日は来客があるので無しで、21日に良民證と承認済み日本警察証明を受け取り、中文訳を作って公証まで持って行きたい。
あとはその他文書を揃えれば移民局への申請準備完了だろう。

あーもちろんせっかくなので記帳士をつけずに全部自己手配のつもりだ。
今は会社に総務スタッフが居るので気楽だし。

カテゴリー: 移住・転居 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください